JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
「マレーシアオープン2010」男子ダブルス 数野健太・早川賢一組 ベスト8!
2010年1月19日-1月24日開催

2010年1月19日〜1月24日、マレーシア・クアラルンプール市にて「マレーシアオープン2010(スーパーシリーズ)」が開催されました。

日本ユニシスからは廣部好輝選手、数野健太選手、早川賢一選手、遠藤大由選手、山田和司選手、平山優選手、高橋礼華選手、アルベン・ユリアント・チャンドラ選手が出場し、数野・早川組がベスト8に進出する健闘を見せました。

前週に行われた韓国オープン2010から転戦の各選手。気温氷点下のソウルから赤道に程近いクアラルンプールに舞台を移し、マレーシアオープンに参加しました。
初遠征の韓国ではいきなりベスト4という鮮烈なデビューを飾った男子ダブルスの廣部・遠藤組は、今大会は予選からのスタート。
初戦は見事快勝しますが、予選決勝で世界59位の地元ペアに屈し無念の予選敗退となりました。

逆に韓国では1回戦敗退と苦渋を味わった数野・早川組が快進撃。1回戦でデンマークペアに競り合いながらもストレートで勝利すると、続く2回戦ではマレーシアのHOON・ONG組とも激しい戦いを演じます。1ゲームずつを分け合った後のファイナルゲームでは、終盤で15-18とリードを許す苦しい場面を迎えますが、ここから驚異の6連続ポイントで一気に逆転勝ち。完全アウェーの状況下で勝負強さを見せ付けます。
準々決勝では中国のGUO・XU組(世界9位)に敗れはしたものの必死に食らいついて何度も追いつく場面も。見事スーパーシリーズでのベスト8進出を果たしました。
なお第4シードとして出場のアルベン選手は、数野・早川組に勝ったGUO・XU組に同じく苦杯を飲まされましたが、3戦を勝ち抜いてのベスト4入りと下馬評どおりの安定した結果を残しています。

男子シングルスでは山田選手が予選から出場。強国マレーシアの中堅選手たちがひしめく中を勝ち抜き、価値ある本選進出を果たします。
本戦1回戦の相手はヨーロッパツアーで活躍するオランダのEric PANG選手。第1ゲーム中盤まではリードを許すものの、粘り強いプレーで終盤の逆転につなげてゲームを先取します。すると第2ゲームは終始リードを保ち続け、世界26位の相手をストレートで下す殊勲で2大会連続の16強入り。
2回戦でもデンマークのNo.2・世界10位のJORGENSEN選手に果敢に挑み、第2ゲームは中盤リードを奪うなど実力の向上をアピールしました。

女子ダブルスの高橋選手は、前週に引き続き松友美佐紀選手(聖ウルスラ学院英智高・2010年度入社内定者)と組み出場。1回戦で韓国オープンベスト4と好調のJUNG・YOO組と対戦します。
第1ゲームは序盤から奪われていたリードを一旦は覆してゲームポイントをつかみますが、ジュースの末に20-22で失ってしまいます。粘る第2ゲームも徐々に差を広げられ、流れを取り戻すことができずに残念ながら1回戦敗退となりました。
なお高橋選手は早川選手と組んだ混合ダブルスでも32強。こちらは予選の2試合を勝ち抜いて経験を積んでいます。

女子シングルスに出場した平山選手は予選で苦しい戦い。初戦は9連続得点など爆発力を見せてストレートの勝利を挙げますが、地元の新鋭を相手にした予選決勝では第1ゲーム終盤にかわされ、流れをつかみきることができずに本選出場を阻まれました。

各選手はこれで帰国。1月31日には女子チームが日本リーグ1部入りを賭けて入替戦に臨みます。
皆様の熱い応援をよろしくお願いいたします。
数野健太
数野健太

早川賢一
早川賢一

山田和司
山田和司
【試合結果】

男子ダブルス 数野 健太
早川 賢一
ベスト8
廣部 好輝
遠藤 大由
予選敗退
アルベン ユリアント チャンドラ
ヘンドラ アプリダ グナワン
(インドネシア)
ベスト4
男子シングルス 山田 和司 ベスト16
女子ダブルス 高橋 礼華
松友 美佐紀
(聖ウルスラ学院英智高)
ベスト32
女子シングルス 平山 優 予選敗退
混合ダブルス 早川 賢一
高橋 礼華
ベスト32
数野 健太
垣岩 令佳
(NEC SKY)
予選敗退
廣部 好輝
松友 美佐紀
(聖ウルスラ学院英智高)
予選敗退


TOP