JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
「第6回日中バドミントンナショナル交流競技会」結果報告
2010年3月27日開催

2010年3月27日、東京都練馬区光が丘体育館において「第6回日中バドミントンナショナル交流競技会」が開催され、日本ユニシスから早川賢一選手、遠藤大由選手、山田和司選手が日本代表として参加しました。

第1シングルスに出場した山田選手の相手は世界7位のCHEN選手。
昨年12月の東アジア大会で初めて顔を合わせ、今年に入ってからも韓国SS・スイスSSとこれまで3回の対戦を重ねていますが、残念ながら今回も長身から繰り出す強打を破れずストレートでの敗退となりました。

最終試合となった第2ダブルスには早川選手と遠藤選手とが組んで登場。練習でもあまり組んだことがないと話す二人ですが、世界15位のCHAI・ZHANG組に対しスピードと堅い守りで果敢に挑みます。立ち上がりからリードを奪うと、追いつかれながらも終始先手を取って第1ゲームを先取。
第2ゲームを失った後のファイナルゲームも接戦を展開し、序盤のリードを逆転されてもしぶとく粘ります。終盤に1点差まで追い上げて会場を沸かせますが、最後はわずかに届かず19-21の惜敗。
白星を挙げることは出来なかったものの、個々の実力の高さを示しました。
山田和司
山田和司

早川賢一(右)・遠藤大由
早川賢一(右)・遠藤大由
【試合結果】

男子シングルス 山田 和司 0 8-21
6-21
2 Long CHEN
男子ダブルス 早川 賢一
遠藤 大由
1 21-19
15-21
19-21
2 Biao CHAI
Nan ZHANG


TOP