JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
「2010年日本ランキングサーキット大会」
混合ダブルス 池田信太郎・潮田玲子組 初優勝!
2010年5月22日-5月26日開催

2010年5月22日〜26日、さいたま市記念総合体育館において開催された「2010年日本ランキングサーキッ ト大会」で混合ダブルス 池田信太郎・潮田玲子組が 優勝しました。
日本ユニシス勢は各種目あわせて7つの上位入賞を果たす好成績を残しました。

入賞選手コメント
入賞結果
5/26付ニュースリリース
「混合ダブルス池田信太郎・潮田玲子組
潮田選手加入後初参戦の『2010年日本ランキングサーキット大会』で初優勝 」


ランキングサーキットは、日本ランキングの上位32ペアが出場可能となる大会ですが、混合ダブルス種目はオリンピックでのメダル獲得を視野に入れた強化策として、今年から新設されました。
初優勝を果たした池田信太郎・潮田玲子組
初優勝を果たした池田信太郎・潮田玲子組


池田・潮田組は、初戦から準決勝まで1ゲームも落とすことなく決勝進出。
同チーム対決となった小宮山元・浅原さゆり組との決勝戦でも2-0のストレートで勝利し、潮田選手の日本ユニシスチーム加入後初参戦の大会において初優勝を果たしました。

引き続きどうぞ応援よろしくお願いします。

【入賞選手コメント】
【池田信太郎】
「今年から新設された混合ダブルス種目、そして、潮田選手が日本ユニシスに加入後初の大会で初優勝を果たすことができ、大変嬉しく思っています。
この優勝をステップに、海外大会で結果を残し、来年からスタートするオリンピックレースに向けて少しでもランキングを上げて行きたいと思っていますので、どうぞ応援よろしくお願いします 」

【潮田玲子】
「日本ユニシスでの第一歩を優勝という形で終えることができ、とても嬉しいです。
あらためて日本ユニシスのメンバーになった実感と、選手の一員として認めてもらえたような気がしています。
6月からの海外遠征では、1つでも勝ってランキングを上げて行きたいと思っていますので、どうぞ応援よろしくお願いします 」

坂本修一
「 個人的な事で言えば、大学生の垰畑選手とのダブルスで3位になれた事は大変嬉しく思います。
しかし、ユニシス全体として見ると、結果が振るわなかったと思うので、複雑な気持ちです。
来月行われる全日本実業団までに選手のコンディションの調整と相手の分析をして、選手が万全の調子で臨めるようにしたいです」

小宮山元
「今回の大会は試合とコーチングとかなり大変な大会でした。
引退してからほとんど練習をしていないにしてはいい結果だったのではと思います。
ただ今回、女子ダブルスにおいて決勝に進めなかったことがコーチとしてとても残念です。今回の結果をしっかりと受け止めて選手、コーチ共に成長し次のステップに向けて頑張って行きたいと思います。
最後にペアとして練習不足だったにもかかわらず頑張ってくれた浅原に感謝です。
まだまだ試合は続きますが、今後とも日本ユニシス男女バドミントン部の応援よろしくお願い致します」

【浅原さゆり】
「目標としていたダブルスでのベスト4に初めて入ることができ、とても嬉しく思います。今回の大会で自信がつき、今後に繋がる良い大会になりました。
ミックスではコーチの小宮山さんと組ませて頂き、とにかく勝ち気で自分がしっかり動いて相手にプレッシャーをかけていこうと心掛けたことが準優勝に繋がったと思います。
今後も一歩一歩前進していきたいです。 ご声援ありがとうございました。
今後も温かいご声援宜しくお願いします」

【金森裕子】
「今大会では、次につながる試合ができたと思います。
次は全日本実業団に向けて、チームに貢献できるよう頑張りますので、今後とも応援よろしくお願いします」

【山田和司】
「今回は優勝できるチャンスがあったのですが、大事な所でミスが出てしまい試合の流れをつかめず負けてしまいました。
この負けを反省し、次の全日本実業団に生かせるようしっかり練習したいと思います」

栗原文音
「今回の大会は去年より上に、そして勝ちにこだわって望んだ大会だったので悔しい気持ちです。
たくさんの応援ありがとうございました。
次は実業団で、個人戦とは違いチーム戦になるので、チームの為に勝てるように精一杯頑張ります。 昨年の悔しかった思いを晴らせるよう、今年は優勝目指してみんなで頑張りますので、今後とも応援よろしくお願いします」

高橋礼華
「今大会の最低限の目標は達成できました。準決勝で負けたことはとても悔しいですが少し手応えも感じました。 次は実業団に向けて、この悔しさをバネにチーム一丸となって頑張ります!
応援ありがとうございました」

松友美佐紀
「今大会では、ダブルス3位という結果に終わりましたが、次に繋がる試合が出来たと思います。
準決勝で末綱・前田ペアと対戦し、2ゲーム目は互角の勝負が出来たことは少し自信になりました。 また今回見つかった課題を克服し、次の大会では、今回よりも良い成績を残せるよう頑張っていきます」


【入賞結果】
混合ダブルス 池田 信太郎
潮田 玲子
優勝
小宮山 元
浅原 さゆり
準優勝
男子シングルス 山田 和司
第3位
女子シングルス 栗原 文音 第3位
男子ダブルス 坂本 修一
垰畑 亮太
(法政大学)
第3位
女子ダブルス 金森 裕子
浅原 さゆり
第3位
高橋 礼華
松友 美佐紀
第3位

TOP