JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
「第60回全日本実業団バドミントン選手権大会」結果報告
2010年6月9日-6月13日開催

6月9日(水)〜13日(日)、兵庫県神戸市にて「第60回全日本実業団バドミントン選手権大会」が開催されました。
2006年以来の優勝を目指した日本ユニシス男子チームは、惜しくも準決勝で敗れて第3位入賞という結果となりました。

試合レポート
試合結果
スタッフ・選手コメント
女子チーム結果
早川賢一・遠藤大由組

【試合レポート】

決勝トーナメントからの出場となった日本ユニシス。準々決勝までを順当に勝ち上がり、準決勝では昨年と同じくNTT東日本と対戦します。
第1ダブルスには早川選手と遠藤選手とが組んで登場し、佐藤・川前組と激しいラリーの応酬を繰り広げます。

序盤から1点を争う攻防となった第1ゲームは早川・遠藤組が振り切り19本で奪いますが、第2ゲームは逆にNTT東日本ペアに19本で奪い返され勝負はファイナルゲームへ。
白熱する試合に双方のベンチも懸命の声援を送りますが、最後まで攻めきったユニシスペアがこのゲームを制して先制します。

早川賢一(右)・遠藤大由組
早川賢一(右)・遠藤大由組


第2ダブルスは昨年の日本リーグでも2試合に出場したアルベン・池田信太郎組。二人の高い技術がしっかりとかみ合い、試合を自分たちのペースでコントロールします。
自信にあふれたプレーを終始一貫して見せつけNTT東日本の山口・小松崎組を圧倒。10本、18本で勝利をつかみ、団体戦のスコアを2-0とし王手を掛けます。

アルベン・池田信太郎組
アルベンユリアント(左)・池田信太郎組

しかしシングルスに自信を持つNTT東日本チームがここから反撃。
第1シングルスでは山田選手が全英オープン準優勝の田児選手と対戦し、第1ゲームは立ち上がりからリードを奪ったものの次第に追い上げられる苦しい展開。このゲームを17本で失うと、第2ゲームは引き離されてストレートで敗戦を喫します。

山田和司
山田和司

相手に傾きかける流れを引き止めようと第2シングルスに登場したのは池田雄一選手。
気合十分にNTT東日本の佐伯選手に立ち向かうと、相手のミスも誘い第1ゲームを21-11の大差で奪い、決勝進出まで1ゲームと迫ります。

池田雄一
池田雄一

しかし後がない佐伯選手に意地の粘りを見せられ第2ゲームを失うと、ファイナルゲームも相手の角度のある攻撃に屈して無念の逆転負け。団体戦は2-2となり、勝負は最終試合にもつれ込みます。

その第3シングルス、日本ユニシスはNTT東日本・佐伯選手の実弟であるルーキー佐伯祐行選手が登場し、NTT東日本は全日本総合4連覇の経験を持つ佐藤翔治選手と対戦します。

佐伯祐行
佐伯祐行

実績に勝る佐藤選手に対し圧倒的に不利と思われた佐伯選手でしたが、第1ゲーム14-20から牙を剥き驚異の連続得点。チェンジ・オブ・ペースを随所で見せながらフィニッシュショットにつなげてジュースに持ち込み、23-21で鮮やかな逆転勝ちでこのゲームを奪取します。
日本ユニシスベンチ
日本ユニシスベンチ

再び決勝進出への機運が高まり、ベンチ・応援団ともに懸命の声援を送りますが、さすがの佐藤選手がここから老練さを発揮。佐伯選手の決め球はことごとく拾われ、第2ゲームは11-21。
最後の抵抗を見せたファイナルゲームも14-21で屈し、決勝進出まであと1歩と迫りながらも4年連続の第3位という結果になりました。

日本ユニシス男子チーム
日本ユニシス男子チーム


【大会を終えて】
[中西洋介 監督]
実業団は残念な結果に終わり、応援してくださった会社関係者をはじめとした皆様に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
日本リーグではその悔しさをぶつけ二連覇します!
今後とも暖かいご声援よろしくお願い致します。

中西洋介
中西洋介

[坂本修一 監督代行]
今回の全日本実業団大会は、三位という結果は残念でしたが、選手は団結して試合をしてくれました。
実力を発揮した選手と発揮できなかった選手それぞれいますが、 この負けを忘れずに、これからの練習・指導に取り組んで行きます。

坂本修一
坂本修一

[池田信太郎]
今回の試合は残念ながら三位という結果になりました。優勝を目指していただけに悔やまれる結果だったと思います。
個人的には久しぶりに男子ダブルスの試合だったので迷う部分も多々ありましたが、チームに貢献できて良かったと思っています。
この悔しさを糧に来年こそは優勝できるよう頑張ろうと思います。ご声援有難うございました。

池田信太郎
池田信太郎

[廣部好輝]
今回の実業団は優勝できずとても残念です。日本リーグでは試合に出場して優勝できるよう頑張ります。

廣部好輝
廣部好輝

[池田雄一]
今回の実業団は勝ちたい気持ちを全面に出して臨みました。
入社してから決勝に行っていないので今年こそはと思いましたが、大事な場面で力及ばずに負けてしまいました。
前向きに日本リーグでリベンジしたいと思います。応援して下さった方々、本当にありがとうございました。

池田雄一
池田雄一

[井上知也]
今回は勝負所での出番がなかったので、日本リーグでは勝負所で出場して勝利できるよう実力をつけたいと思います。

井上知也
井上知也

[数野健太]
今回、準決勝敗退という結果になってしまい残念です。
この結果を真摯に受け止め、日本リーグで二連覇出来るよう、これからも前向きに頑張っていきたいと思います。

数野健太
数野健太

[早川賢一]
昨年の雪辱戦と思いNTT東日本戦に臨みました。選手全員で力を合わせて頑張ったのですが、あと少しのところで負けてしまい残念です。
が、まだ日本リーグが残っているので、そこは絶対優勝したいと思います。
次も応援よろしくお願いします!

早川賢一
早川賢一

[遠藤大由]
今大会も昨年と同じ成績・同じ相手に負けて本当に悔しく思います。
この悔しさをバネに練習をし、日本リーグで借りを返したいと思います。
これからも応援よろしくお願いします!!

遠藤大由
遠藤大由

[山田和司]
今回、昨年のリベンジをしたいと思っていたのですが、力の差を感じた結果となりました。
なかなかチームに貢献できず、悔しい気持ちでいっぱいです。
次の日本リーグまでしっかり練習して優勝できるよう頑張りたいと思います。

山田和司
山田和司

[佐伯祐行]
今回初めての実業団で、とても緊張しました。結果は三位ということでとても悔しかったです。
個人的にはNTT東日本戦の大事な場面で第3シングルスとして出させてもらったのですが、 最後自分の負けで勝負が決まってしまったので、この負けた悔しさを忘れず、また次の試合に向けて頑張りたいです。

佐伯祐行
佐伯祐行

[アルベン ユリアント チャンドラ コーチ (兼選手)]
私にとって初めての実業団選手権でしたが、チームが一体となって勝利へ向かい戦ったことを誇りに思います。
今回敗れた試合のことは忘れなくてはなりません。私たちにとって重要なことは、どのように未来に向かっていくかです。
一生懸命練習を重ね、闘争心を持って取り組み続けることができれば、きっと来年の実業団選手権のタイトルを獲得できると思っています。
応援してくださった皆様、ありがとうございました。

アルベン ユリアント チャンドラ
アルベン ユリアント チャンドラ


【試合結果】
■試合形式:
2複3単(ダブルス2試合 + シングルス3試合)によるトーナメント形式で行われる団体戦。
決勝トーナメントからは3勝した時点でゲーム打ち切り。

準決勝
日本ユニシス 2-3 NTT東日本
早川 賢一
遠藤 大由
2 21-19
19-21
21-16
1 佐藤 翔冶
川前 直樹
アルベン ユリアント
池田 信太郎
2 21-10
21-18
0 山口 公洋
小松崎 佑也
山田 和司 0 17-21
10-21
2 田児 賢一
池田 雄一 1 21-11
17-21
15-21
2 佐伯 浩一
佐伯 祐行 1 23-21
11-21
14-21
2 佐藤 翔治

準々決勝
日本ユニシス 3-0 トリッキーパンダース
アルベン ユリアント
池田 信太郎
2 21-12
21-11
0 福田 真也
櫻井 勝仁
早川 賢一
遠藤 大由
2 21-13
21-11
0 中村 寿史
川口 佳介
井上 知也 2 21-15
21-17
0 中村 寿史
佐伯 祐行 - - - 福田 真也
山田 和司 - - - 川口 佳介

決勝トーナメント3回戦
日本ユニシス 3-0 丸杉
アルベン ユリアント
数野 健太
2 21-12
21-13
0 高木 洋平
安村 達二
早川 賢一
遠藤 大由
2 21-12
21-15
0 中野 智貴
黒田 俊明
山田 和司 2 21-17
21-7
0 吉田 昇
井上 知也 - - - 岩田 翔舞
池田 雄一 - - - 中野 智貴

決勝トーナメント2回戦
日本ユニシス 3-0 東北マークス
早川 賢一
遠藤 大由
2 24-22
21-16
0 小町谷 輝
鈴木 大裕
池田 信太郎
廣部 好輝
2 21-23
21-7
21-17
1 諸多 大輔
山田 光大
池田 雄一 2 21-14
21-7
0 菊田 健一
井上 知也 - - - 青山 真
山田 和司 - - - 小町谷 輝

決勝トーナメント1回戦
日本ユニシス 3-0 西日本シティ銀行
廣部 好輝
数野 健太
2 21-7
21-7
0 江崎 淳
有田 雄紀
アルベン ユリアント チャンドラ
池田 信太郎
2 21-6
21-11
0 甲斐 祐輝
牛島 啓慈
佐伯 祐行 2 21-11
21-11
0 有田 雄紀
山田 和司 - - - 甲斐 祐輝
池田 雄一 - - - 江崎 淳



TOP