JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
「インドネシアオープン2010」結果報告
2010年6月22日-6月27日開催

2010年6月22日〜6月27日、インドネシア・ジャカルタ市にて「インドネシアオープン2010」(スーパーシリーズ)が行われ、日本ユニシスから池田信太郎選手、王栄選手、潮田玲子選手、平山優選手、早川賢一選手、山田和司選手、高橋礼華選手、松友美佐紀選手が参加しました。前週のシンガポールオープンに引き続き、各選手は初戦の壁に泣く結果となりました。

混合ダブルスの池田・潮田組の1回戦の相手はイングランドのBLAIR・WHITE組。
第1ゲームは中盤で奪われたリードを逆転して先にゲームポイントをつかみますが、ジュースに持ち込まれて20-22で失ってしまいます。
奮起する第2ゲームは着実にポイントを重ね、立ち上がりで奪ったリードを守りきって1ゲームオール。
しかし第3ゲームは逆に序盤に0-5とされると、勢いに乗った相手の強打を守りきれず16本で敗退しました。

混合ダブルスには早川選手も松尾選手(三洋電機)と組んで出場。
中華台北のFANG・WANG組に挑み、第2ゲームはゲームポイントを先に奪ったものの逆転され、同じく1回戦で敗れました。

男子シングルスに出場した山田選手は世界ランキング7位のNGUEN選手(ベトナム)と対戦。
2年前には4本・10本と一方的に敗れていますが、今回は第1ゲームで16オールと競り合う健闘を見せます。
しかし終盤に抜け出されると第2ゲームも押し切られ、残念ながらストレートの敗退となりました。

女子シングルスでは予選から出場した王栄選手と松友選手が、ともにファイナルゲームにもつれる接戦に敗れて本戦出場ならず。
唯一本戦から出場した平山選手も、ロシアのDIEHL選手にやはりフルゲームで惜敗。ファイナル15-18から18オールに追いつく気迫を見せましたが、振り切られて惜しい星を落としました。

女子ダブルスの高橋・松友組は地元インドネシアのAGUSTIN・WAHYUNI組と対戦。
昨年グランプリレベルの国際大会で2勝を挙げている相手に対し1・2ゲームとも序盤にリードを奪いますが、そこから逆転を許してしまい悔しいストレート負け。
特に第2ゲームは追いつかれた後もよく粘って2度のゲームポイントを手にしますが、最後は22-21からの3失点で涙を飲みました。

6月29日からは打田しづか選手、栗原文音選手、野尻野匡世選手がロシアオープンに参戦いたします。

RUSSIAN GRAND PRIX 2010

皆様の熱い応援をよろしくお願いいたします。
山田和司
山田和司

高橋礼華・松友美佐紀組
高橋礼華・松友美佐紀組
【試合結果】

男子シングルス 山田 和司 ベスト32
女子シングルス 王 栄 予選敗退
平山 優 ベスト32
松友 美佐紀 予選敗退
女子ダブルス 高橋 礼華
松友 美佐紀
ベスト32
混合ダブルス 池田 信太郎
潮田 玲子
ベスト32
早川 賢一
松尾 静香
(三洋電機)
ベスト32



* 関連リンク
・DJARUM INDONESIA OPEN SUPER SERIES 2010

TOP