JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
「オーストラリアオープン2010」
男子ダブルス 早川賢一・遠藤大由組 初優勝!
2010年7月13日-7月18日開催

2010年7月13日〜7月18日、オーストラリア・メルボルン市にて「オーストラリアオープン2010」(グランプリ)が行われ、日本ユニシスから浅原さゆり選手、金森裕子選手、早川賢一選手、遠藤大由選手、高橋礼華選手、松友美佐紀選手、小宮山元選手が参加しました。
このうち早川・遠藤組が男子ダブルスで見事優勝を収めました。

選手コメント

前週のマレーシアから転戦の各選手。男子ダブルスの早川・遠藤組は地元オーストラリアの選手を次々に破り、ドローを順調に駆け上ります。
準決勝では第1シードのGAN・TAN組(世界17位)と対戦し、序盤からの積極的なプレーにより一時は9点差をつける活躍で第1ゲームを先取。しかし第2ゲームは強国マレーシアの相手ペアが奮起し、ジュースの末に21-23で落としてタイに持ち込まれます。
ファイナルゲームでは中盤で6点のリードを奪われ、その後も先行される苦しい展開となりますが、17-19からの4連続ポイントでかわしきり決勝進出を決めます。
韓国のPARK・KANG組との決勝戦では2ゲームとも中盤までは競り合いますが、そこから早川・遠藤組が集中力を増して抜け出す展開でストレートの勝利。国際大会2戦目にして、ペアとして初めてのタイトルを獲得する幸先のよいスタートを切りました。

女子ダブルスでも浅原・金森組が3位入賞を果たす躍進を見せました。
1回戦でオーストラリアペア、2回戦でニュージーランドペアを押さえ込んでベスト8進出。準々決勝は中国出身選手を含む相手ペアに第1ゲームを大差で奪われながらも、第2ゲームは我慢の展開でリードを許さずに23-21と奪い返します。ファイナルゲームでは疲れの見える相手とは対照的に、集中を続ける浅原・金森組が7-8から一気にスパート。12本で勝利し見事ベスト4入りを決めます。
準決勝では北京五輪銀メダルのLEE選手のペアに敗れましたが、第1ゲームは17-16と競り合うなど見せ場をつくり、収穫のある3位入賞となりました。同じく女子ダブルスには高橋・松友組も出場。第1シードとして臨み優勝が期待されましたが、松友選手のシングルス中の故障により、ベスト8に入ったところで棄権しています。

各選手は混合ダブルスでも活躍。コーチ兼任の小宮山選手が浅原選手と組んだペアは、準々決勝で遠藤・金森組に勝つなどして決勝へ進出。決勝戦では韓国ペアに敗れたものの、準優勝を収めました。
早川・高橋組も同じ韓国ペアに屈しましたが、シードペアを次々に撃破し第3位入賞を果たしています。

7月19日からのUSオープンには池田雄一選手、井上選手、佐伯選手、打田選手、栗原選手が参戦中です。

2010 Yonex OCBC U.S. Open Grand Prix Gold Badminton Championships

皆様の熱い応援をよろしくお願いいたします。
ペア結成後初タイトルの男子ダブルス 早川賢一(右)・遠藤大由組(準優勝の韓国ペアと)
ペア結成後初タイトルの男子ダブルス 早川賢一(右)・遠藤大由組
(準優勝の韓国ペアと)

3位入賞を果たした女子ダブルス 浅原さゆり(右)・金森裕子組
3位入賞を果たした女子ダブルス 浅原さゆり(右)・金森裕子組
【選手コメント】

早川賢一
「遠藤との新ペアで二回目の海外試合で優勝できたことは素晴らしいことだと思います。
この次も勝てるように頑張って練習していきます。 応援よろしくお願いいたします!」

遠藤大由
「オーストラリアの大会では優勝できてホッとしています。
優勝することが出来ましたけれど、まだまだお互いにやらなくてはいけないことがあるので、協力しあって頑張りたいと思います」

【浅原さゆり】
「目標としていたダブルスでの優勝ができず、とても残念な結果になりました。
しかし、オリンピックメダリストと試合ができ、収穫の多い大会でもありました。
今回の反省点をしっかり修正し、次の大会に向けてまた頑張ります」

【金森裕子】
「今回はマレーシア、オーストラリアと2大会に出場させてもらい、貴重な経験をすることができました。特にオーストラリアでは入賞することができ、次に繋がる試合をすることができたと思います。
また、海外選手と実際試合をすること、プレーを実際見ることで新たな発想や課題を見つけることができました。
次は全日本社会人に向けて、常にチャレンジ精神を持って日々の練習に取り組んでいきたいと思いますので、今後も応援よろしくお願い致します」

小宮山 元
「今回の大会では全員が好成績を残すチャンスのある大会だったので、一つでも優勝出来てホッとしています。
序盤には池田・潮田のキャンセルや松友のケガがありましたが、結果的には早川・遠藤の優勝で幕を閉じられたのでよかったと思います。
これからまだまだ試合は続きますので頑張っていきたいと思います」

【試合結果】

男子ダブルス 早川 賢一
遠藤 大由
優勝
女子ダブルス 浅原 さゆり
金森 裕子
第3位
高橋 礼華
松友 美佐紀
ベスト8
女子シングルス 松友 美佐紀 ベスト16
混合ダブルス 小宮山 元
浅原 さゆり
準優勝
早川 賢一
高橋 礼華
第3位
遠藤 大由
金森 裕子
ベスト8



* 関連リンク
・2010 Yonex Australian Open Grand Prix

TOP