JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
「USオープン2010」
男子シングルス池田雄一、女子シングルス打田しづか 3位入賞!
2010年7月19日-7月24日開催

2010年7月19日〜7月24日、アメリカ・カリフォルニア州オレンジ・カウンティにて「USオープン2010」(グランプリゴールド)が行われました。
日本ユニシスからは池田雄一選手、井上知也選手、佐伯祐行選手、打田しづか選手、栗原文音選手が参加し、雄一選手と打田選手がシングルスで第3位入賞の好成績を挙げました。

選手コメント

スーパーシリーズの一つ下のランクである今大会、前週のカナダGPから引き続いて各国から多くの選手が参加しました。
男子シングルスに出場した雄一選手は、初戦でカナダGP第3位入賞のDOMKE選手(ドイツ)に30分で快勝。2回戦では第5シード・インドのBHAT選手を相手に第1ゲーム終盤からペースを上げます。16-20から追いつき、このゲームこそジュースの末に落としたものの第2・第3ゲームは圧倒して下馬評を覆してみせます。
強敵を続けて破り波に乗る雄一選手は、3回戦でチェコのKOUKAL選手、準々決勝でロシアのPUKHOV選手をいずれもストレートで倒しベスト4進出。
準決勝では前週準優勝のLEVERDEZ選手(フランス)に惜敗したものの、相手につかまれた7度ものマッチポイントをしのぐ粘りで会場を沸かせ、GPGレベルでは初となる堂々の第3位に輝きました。

井上選手は1日3試合という強行日程の予選ラウンドを難なく突破。日ごろの豊富な練習量により体力不足に陥ることもなく、いずれもストレートで快勝します。
本戦1回戦でもデンマーク選手を14本、15本で圧倒。2回戦ではシード選手に敗れましたが、カナダ・US合わせて全8試合を戦い抜き貴重な経験を持ち帰っています。

前週8強入りと好調の佐伯選手は今大会もスイス選手をストレートで破り初戦を突破。
2回戦では雄一選手も敗れたLEVERDEZ選手と対戦し、ファイナルゲーム中盤以降は点差が2点と離れない大接戦を展開します。しかし19-20の大詰めの場面で佐伯選手のスマッシュがアウト。惜しい星を落としましたが実力の向上をアピールしました。

女子シングルスでは打田選手が快進撃を見せました。初戦で地元選手を破った後、2回戦ではドイツのベテランGRETHER選手と対戦。第1ゲーム中盤から連続ポイントを許して11-18とリードされますが、ここから驚異の9連続ポイントで逆転しゲームを奪います。第2ゲームも終盤でもつれますが、20-21から3連続ポイント。見事ストレートで突破し準々決勝に駒を進めます。
続く相手は弱冠16歳ながらシンガポールスーパーシリーズで決勝進出を果たした中華台北の新星・TAI選手。未知の難敵に対し打田選手は攻撃的に試合を運んで第1ゲームを17本で振り切ると、相手ペースとなった第2ゲームも16-17から集中力を見せて21-19で勝利します。
準決勝ではオランダのMEULENDIJKS選手に敗れましたが、GPGレベルの国際大会でベスト4という大きな成果を手にしました。
男子シングルス3位の池田雄一
男子シングルスで3位の池田雄一

女子シングルス3位の打田しづか
女子シングルス3位の打田しづか
栗原選手はペルー選手を難なく破り初戦を突破しますが、2回戦で今大会優勝のZHU Lin選手に敗退。しかし2007年の世界選手権女王に臆することなく挑んで第1ゲームは17-18、第2ゲームも7オールと競り合う場面をつくっています。

なお、7月27日より開催中のマカオオープンには、廣部選手、平山選手、数野選手、早川選手、遠藤選手、山田選手が参加いたします。皆様の熱い応援をよろしくお願いいたします。

Kumpoo Macau Open Badminton Championships

皆様の熱い応援をよろしくお願いいたします。

【選手コメント】
【池田雄一】
「今回カナダ・アメリカと2大会に行って、カナダの方は結果が出ませんでしたが、アメリカに向けて応援してくれる人達がいたおかげで気持ちの切り替えをスムーズにできたことが、この結果につながったと思います。
もちろん優勝も狙えたので満足はしていません。
これからも応援してくれる人達への感謝と、バドミントンができる喜びを忘れずに頑張っていきますのでよろしくお願いします」

【打田しづか】
「準決勝はあまり納得のいく内容でなく、簡単に負けてしまい悔しかったです。
次の大会では最終日に残れるように、試合に向けて頑張りたいと思います 」

【試合結果】

男子シングルス 池田 雄一 第3位
佐伯 祐行 ベスト32
井上 知也 ベスト32
女子シングルス 打田 しづか 第3位
栗原 文音 ベスト16
女子ダブルス 打田 しづか
栗原 文音
ベスト16



* 関連リンク
・2010 Yonex OCBC U.S. Open Grand Prix Gold Badminton Championships

TOP