JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
「バドミントン世界選手権2010」経過速報
男子シングルス山田和司 ベスト8進出!
2010年8月23日-8月29日開催

フランス・パリ市にて8月23日から行われている「バドミントン世界選手権2010」。
日本ユニシスから出場している山田和司選手が男子シングルスで30年ぶりとなるベスト8進出を果たしています。

初戦でイラン選手をストレートで破った山田選手(世界31位)。
2回戦は強国マレーシアのベテラン・WONG Choong Hann選手(第16シード・世界17位)に挑みます。
第1ゲームは17オールから抜け出されて失いますが、第2ゲームも気落ちせず食らいつき11-13から4連続得点と終盤にかけてスパート。21本中18本がスマッシュでのポイントという攻撃的なバドミントンでタイに持ち込むと、ファイナルゲームも7オールからの6連続ポイントなどで主導権を握ります。
終盤に相手が見せた粘りに苦しみ2点差まで追い上げられますが最後は振り切って勝利し、日本ユニシスの男子シングルスとしては2003年の山田英孝選手以来となる世界選手権でのベスト16入りを決めます。

翌日26日に行われた3回戦ではオランダのPALYAMA選手(世界22位)と対戦。
第1ゲームは攻め立てる相手に一方的なリードを許したまま奪われ、第2ゲームも15-19と残り2ポイントまで追い込まれるピンチを迎えます。
しかしここで踏ん張りを見せる山田選手は、相手のミスも誘いながら6ポイントを連取して鮮やかに逆転。
山田和司
山田和司
ファイナルゲームも序盤から攻勢をかけて流れをつかみ、最終的には11本に抑える素晴らしい展開で勝利を飾りました。

日本男子がこの種目でベスト8入りするのは実に30年ぶり。
メダルを賭けての準々決勝は28日0時頃(現地時刻27日17時頃)より、デンマークのエース・Peter Hoeg GADE選手に挑みます。

YONEX BWF WORLD CHAMPIONSHIPS 2010
tournamentsoftware.comによるスコア速報(試合開催中のみ更新)


皆様の熱い応援をよろしくお願いいたします。

TOP