JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
「韓国オープン2011」 結果報告
2011年1月25日-30日開催

2011年1月25日〜1月30日、韓国・ソウル市にて「韓国オープン2011」(スーパーシリーズプレミア)が開催されました。
日本ユニシスからは池田信太郎選手、廣部好輝選手、潮田玲子選手、数野健太選手、早川賢一選手、遠藤大由選手、山田和司選手、栗原文音選手、高橋礼華選手、松友美佐紀選手、アルベン ユリアント チャンドラ選手兼コーチが参加しました。

前週のマレーシア・クアラルンプールとの気温差約40度という真冬の韓国・ソウル。今年から新設されたカテゴリであるスーパーシリーズプレミアの最初の大会として、賞金総額120万ドルを賭けた韓国オープンが行われました。
世界のトッププレイヤーたちがこぞって参戦した今大会、日本ユニシス勢の上位進出はなりませんでした。

女子ダブルスの高橋・松友組は初戦で韓国の強豪ペアと対戦です。第1ゲームはジュースの末に競り負けるものの、向上した実力を発揮して第2、第3ゲームは勝利。マレーシアに続き2週連続の初戦突破を果たしました。
2回戦では昨年の世界選手権で2位に入ったMA選手、同3位のCHENG選手が組んだ中国ペアに敗退。2ゲーム目は終盤で2点差に迫るものの、捉えるには至りませんでした。

男子シングルスでは山田選手が中国の若手WANG選手の前に1回戦で敗退。予選から出場した女子シングルスの栗原選手は、前週に敗れたシンガポールのFU選手を下すなどして見事予選突破を果たします。しかし本戦1回戦では2009年の世界王者LU選手を相手に、第2ゲーム23-22と競り合う場面をつくりますがストレートで敗れました。

男子ダブルス勢は早川・遠藤組が世界チャンピオンFU・CAI組に挑むも、両ゲームとも終盤で突き放されて15本、15本で敗退。廣部・数野組もイングランドペアに17-21、18-21と競り負け、両ペアとも今年の初勝利はお預けとなりました。アルベン選手のペアは世界14位の中華台北ペアを退けましたが、2回戦でマレーシアペアに敗れています。

混合ダブルスの池田・潮田組の1回戦はマレーシアオープンで準優勝のTAO・QING組。池田選手がやや体調を崩している中で臨んだ戦いは、序盤で奪ったわずかなリードを保っていく集中した展開となります。終盤にかけて逆転を許しても食らいつく池田・潮田組。17-20からの3連続ポイントで追いつき、ジュースでも再三のピンチをかわし23オールまで粘ります。しかしついに力尽きゲームを失うと、限界に達した池田選手の体調不良により第2ゲームは棄権し初戦敗退となりました。
同じく早川・松尾(三洋電機)組もインドネシアペアに1回戦で、数野・松友組は予選で韓国ペアに敗れています。
廣部好輝・数野健太組
廣部好輝・数野健太組

早川賢一(右)・遠藤大由組
早川賢一(右)・遠藤大由組

【試合結果】

男子シングルス 山田 和司 ベスト32
女子シングルス 栗原 文音 ベスト32
男子ダブルス 廣部 好輝
数野 健太
ベスト32
早川 賢一
遠藤 大由
ベスト32
アルベン ユリアント チャンドラ
ヘンドラ アプリダ グナワン
(インドネシア)
ベスト16
女子ダブルス 高橋 礼華
松友 美佐紀
ベスト16
混合ダブルス 池田 信太郎
潮田 玲子
べスト32
数野 健太
松友 美佐紀
予選敗退
早川 賢一
松尾 静香
(三洋電機)
ベスト32



* 関連リンク
韓国オープン2011(日本バドミントン協会)
Victor Korea Open Super Series Premier 2011

TOP