JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
「インドネシアオープン2011」結果報告
2011年6月21日-26日開催

2011年6月21日〜6月26日、インドネシア・ジャカルタ市にて「インドネシアオープン2011」(スーパーシリーズプレミアム)が開催され、日本ユニシスから池田信太郎選手、廣部好輝選手、潮田玲子選手、数野健太選手、早川賢一選手、遠藤大由選手、山田和司選手、上田拓馬選手、栗原文音選手、高橋礼華選手、松友美佐紀選手、アルベン ユリアント チャンドラ選手兼コーチが参加しました。

男子シングルスの山田選手は中華台北のHSUEH選手を16本と12本であっさり下し2回戦に進出します。しかし翌日のオープニングゲームでは、世界10位の中国・DU選手に14本、13本で敗退し16強。

女子シングルス栗原選手も初戦で地元インドネシアのKUSUMASTUTI選手を相手に13本、19本のストレート勝ち。完全にアウェーの状況ながら、第2ゲームでは大きく許したリードを逆転して奪い成長を示しました。
2回戦ではヨーロッパの雄・デンマークのBAUN選手との長身対決に敗れますが、第2ゲームは15-16と終盤まで競り合う場面をつくりました。

混合ダブルスでは池田・潮田組は世界7位のポーランドペアを下す快調な滑り出し。競り合いの第1ゲームを24-22で奪うと、第2ゲームは一方的に落とすもファイナルゲームでは13オールから7本を連取し一気にマッチポイントに到達し、2度目の機会をものにして、3月のドイツGPGでの対戦に続き殊勲の勝利をつかみました。
好調を維持したまま臨んだ2回戦は強国中国のHE・YU組と対戦。第1ゲームの競り合いを24-26で落としながら、2ゲーム目を奪い返して意地を見せたものの、ファイナルでは12-21と突き放されました。

同じく混合ダブルスでは予選から勝ち上がってきた早川・松友組も初戦を突破。第7シードのADCOCK・BANKIER組(イングランド/スコットランド)を2ゲームとも21-19で奪う勝負強さを見せ、ドイツGPGで敗れた雪辱を見事に果たしました。
しかし2回戦ではデンマークペアに持ち味を消されストレートで敗退となりました。

数野・高橋組は予選決勝で日本の佐藤・松尾組(NTT東日本/パナソニック)に惜敗。2ゲームともに追いつくも追い越せない展開となり、22-24、20-22の僅差ながらストレート負けを喫しています。
山田和司
山田和司

廣部好輝・数野健太組
廣部好輝・数野健太組
男子ダブルスの廣部・数野組は、シンガポールSSで敗れた中国ペアに見事雪辱。対策やディスカッションを欠かさない2人らしく、第1ゲームは前週の反省をもとに終始リードを保ち16本で先制します。2ゲーム目は19-18から逆転を許しますが、ファイナルでは終盤の連続得点で19-15。ここから相手の必死の追撃にあうものの、ジュースでは落ち着きを取り戻して2本を奪い勝負を決めました。
しかし2回戦では北京五輪王者のKIDO・SETIAWAN組(インドネシア)に惜敗。2ゲーム目は食らいついてジュースに持ち込むも、2週続けて日本人ペアに敗れまいとする相手に振り切られ16強となりました。

一方、早川・遠藤組とアルベン選手のペアは初戦敗退。早川・遠藤組は韓国ペアにファイナル13-6とリードするも追いつかれ、最終的には22-24で屈しました。

アルベン組はシンガポールSS決勝の再戦となるCAI・FU組との対戦。前回はストレートで敗れましたが、この日は第2ゲームを奪い意地を見せます。ファイナルゲームでも13-14と競り合うも、しかしここから突き放されて無念の敗退。次回の対戦での勝利を誓っています。

女子ダブルスでは高橋・松友組が全英SSPでも対戦した第5シードのHA・KIM組(韓国)と対戦。1ゲームを奪う善戦を見せるが及ばず、1回戦で姿を消しました。

【試合結果】

男子シングルス 山田 和司 ベスト16
女子シングルス 栗原 文音 ベスト16
男子ダブルス 廣部 好輝
数野 健太
ベスト16
早川 賢一
遠藤 大由
ベスト32
アルベン チャンドラ ユリアント
ヘンドラ アプリダ グナワン
(インドネシア)
ベスト32
女子ダブルス 高橋 礼華
松友 美佐紀
ベスト32
混合ダブルス 池田 信太郎
潮田 玲子
ベスト16
数野 健太
高橋 礼華
予選敗退
早川 賢一
松友 美佐紀
ベスト16



* 関連リンク
Indonesia Open Superseries Premier 2011

TOP