JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
「USオープン2011」結果報告
2011年7月11日-7月16日開催

2011年7月11日〜7月16日、アメリカ・カルフォルニア州オレンジ・カウンティにて「USオープン2011」(グランプリゴールド)が開催され、日本ユニシスから池田信太郎選手、潮田玲子選手、廣部好輝選手、数野健太選手、早川賢一選手、遠藤大由選手、山田和司選手、上田拓馬選手、坂井一将選手、栗原文音選手、高橋礼華選手、松友美佐紀選手が参加しました。

混合ダブルス池田・潮田組は1回戦で香港ペアを破ると、2回戦では中国ペアに追い詰められながらも逆転勝利でベスト8入り。
準々決勝では第3シードのLEE・CHIEN組(中華台北)に1ゲームを先行されますが、第2ゲームを14本で奪い返し、ファイナルでは19本で振り切りベスト4進出を果します。
準決勝では惜しくも今大会優勝のLEE・HA組(韓国)に敗れましたが、GPGグレードの大会でベスト4と好成績を収めました。

男子ダブルスでは早川・遠藤組がベスト8に進出し、準々決勝で韓国のLEE・KO組と対戦。第1ゲームを失い、第2ゲーム17-15と意地を見せますが、ここから逆転を許し惜敗。
廣部・数野組は1回戦で中国ペアを18本、16本で押さえ込みますが2回戦でLEE・KO組に敗れて16強となっています。

男子シングルスには山田選手、上田選手、坂井選手が出場。
第10シードの山田選手は初戦でスリランカの選手に21-18、24-22と苦戦すると、日本人対決となった2回戦では園田選手(トナミ運輸)に17-21と20-22のストレートで星を献上。力を出し切ることができず2回戦敗退となりました。
上田選手は地元アメリカの2選手を順当に下して勝ち上がり、3回戦でも強豪PONSANA選手に善戦。 第1ゲームを奪った後、第2ゲームも16-17と金星への執念を見せましたが、ここからキャリアを見せつけられ16強に甘んじました。 同じく坂井選手も16強。

女子シングルスの栗原選手はドイツのSCHNAASE選手に2-1で競り勝ちますが、2回戦では中華台北のCHENGから1ゲームを奪うも後が続かずベスト16。

女子ダブルスでは高橋・松友組が韓国のJUNG・KIM組との初戦に敗れてベスト32となりました。第2ゲームでは2度のゲームポイントを得るなど大接戦に持ち込みますが、27-29で奪われて無念のストレート負けを喫しています。
池田信太郎
池田信太郎


潮田玲子
潮田玲子

【試合結果】

男子シングルス 山田 和司 ベスト32
上田 拓馬 ベスト16
坂井 一将 ベスト16
女子シングルス 栗原 文音 ベスト16
男子ダブルス 早川 賢一
遠藤 大由
ベスト8
廣部 好輝
数野 健太
ベスト16
女子ダブルス 高橋 礼華
松友 美佐紀
ベスト32
混合ダブルス 池田 信太郎
潮田 玲子
第3位
数野 健太
高橋 礼華
ベスト32
早川 賢一
松友 美佐紀
ベスト32



* 関連リンク
2011 Yonex OCBC US Open Grand Prix Gold

TOP