JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
「中国オープン2011」女子ダブルス 高橋礼華・松友美佐紀組 ベスト8
2011年11月21日-27日開催

2011年11月21日〜11月27日、中国・上海にて「中国オープン2011」が開催され、日本ユニシスから池田信太郎選手、潮田玲子選手、廣部好輝選手、数野健太選手、早川賢一選手、遠藤大由選手、山田和司選手、アルベン選手、高橋礼華選手、松友美佐紀選手が参加しました。

上海へ移動して中国オープンが開催。こちらはスーパー・シリーズ・プレミアというグレードの高い大会となり、当然勝利ポイントもアップします。
その中で結果を出したのは高橋礼華・松友美佐紀組。1回戦でデンマークペアをストレートで破ると2回戦の相手は同じ日本の末綱・前田組(6位)。11月3日の日本リーグでの対戦でも敗れ、公式戦ではまだ勝ったことのない相手です。
第1ゲームは中盤から引き離されて奪われ、第2ゲームも序盤のリードを逆転され16-19と後のないところに追い込まれますが、ここで踏ん張り、連続ポイントで一気にひっくり返してこのゲームを取ります。

これで自信をつけた二人はファイナルゲームもリードを維持すると一旦追いつかれた12オールからまたも連続ポイントをあげて反撃を許さず、最後も5連続ポイントで勝利。昨年の日本チャンピオンからうれしい初白星です。
高橋礼華・松友美佐紀組
高橋礼華・松友美佐紀組
続く準々でも9月の中国マスターズ優勝の中国ペアを相手に激しい競り合いとなりますが、第1ゲームを僅かのところで落とすと、第2ゲームは立ち上がりに連続ポイントを許し追い上げならず敗退。しかし、価値あるベスト8となりました。

混合ダブルスでは池田信太郎・潮田玲子組が1回戦でいきなり一昨年の世界チャンピオンLAYBOURN/RYTTER JUHL(デンマーク)と対戦という厳しい組み合わせ。
しかし立ち上がりにスピードを生かし一気に差をつけて第1ゲームを先取。第2ゲームは逆の展開で落としファイナルゲームへ。
立ち上がりのポイントを掴むと僅かなリードながらも終始リードして20-17とマッチポイント。しかしここであと1点が奪えず、追いつかれジュースに入り、次のマッチポイントもモノにできずに無念の逆転負け。惜しいポイントを逃しました。

男子ダブルスでは前週1回戦負けに終わった廣部・数野組が中国のHONG/SHEN組(19位)と大接戦。序盤許したリードを中盤の連続ポイントでひっくり返しジュースの末第1ゲームを取ると、第2ゲームも序盤からリード。またも追いつかれてジュースに持ち込まれ何度も相手にゲームポイントを握られますが、最後は28-26で奪って1回戦を突破。
2回戦でも世界1位のCAI/FU組(中国)から第2ゲームを奪いファイナルに持ち込む善戦を見せますが、惜しくも敗れました。
先週ベスト8入りした早川・遠藤組とアルベンのペアは初戦敗退しています。

また男子シングルスの山田も1回戦で中国のWANGとフルセットの戦いの末敗れました。

【試合結果】

男子シングルス 山田 和司 ベスト32
男子ダブルス 廣部 好輝
数野 健太
ベスト16
早川 賢一
遠藤 大由
ベスト32
アルベン ユリアント チャンドラ
ヘンドラ アプリダ グナワン
(インドネシア)
ベスト32
女子ダブルス 高橋 礼華
松友 美佐紀
ベスト8
混合ダブルス 池田 信太郎
潮田 玲子
ベスト32
数野 健太
高橋 礼華
予選敗退
早川 賢一
松友 美佐紀
予選敗退



* 関連リンク
Li Ning China Open 2011

TOP