JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
「アジア選手権2012」結果報告
2012年4月16日-4月21日開催

2012年4月16日〜21日、中国・青島市で「アジア選手権2012」が行われ、日本ユニシスからは上田拓馬選手と早川賢一選手・遠藤大由選手が出場しました。

男子ダブルスの早川・遠藤組(世界14位)は第6シードで登場。1回戦でインドペア、2回戦で中国ペアをそれぞれストレートで降すと3回戦はマレーシアのLIM/GOH組と対戦。世界9位の台湾ペアを破って勝ち上がってきた気鋭の相手に対し、1ゲームずつを取り合った後のファイナルゲームで競り合いますが、17オールから一気に突き放して勝利します。
準決勝でも中国のHONG/SHEN組(13位)に2ゲーム共中盤でリードを広げて快勝し決勝進出。
決勝では、今年になってランキングを上げて来た韓国の若手ペアKIM/KIM組に対し、相手のアタックをよく耐えてラリーをつなぎますが、積極的に前に出てくる相手に、次第に差を広げられ第1ゲームは12本で失います。第2ゲームも4−9とリードされますが、二人のスマッシュも決まり始めて7連続ポイントで逆転に成功。しかしインターバル後はポイントの奪い合いで突き放せずにいる中、15−14から早川選手のサービスがフォルトの判定とされ、ここから連続ポイントを失ってリードを許すと、最後は遠藤選手のレシーブがサイドを割り16本で敗戦。惜しくもタイトルは逃しましたが堂々の準優勝でした。

男子シングルスの上田選手は1回戦が相手の棄権で不戦勝となり、2回戦で中国のWenlongと対戦しますが、16本、20本のストレートで敗れました。
早川賢一
早川賢一

遠藤大由
遠藤大由

【試合結果】

男子シングルス 上田 拓馬 ベスト32
男子ダブルス 早川 賢一
遠藤 大由
準優勝



* 関連リンク
Badminton Asia Championships 2012

TOP