JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
「第55回全日本社会人バドミントン選手権大会」
女子ダブルス 高橋・松友組、混合ダブルス 数野・江淵組 優勝!
2012年9月7日-12日開催

9月7日〜9月12日、愛知県・旭川市にて「第55回全日本社会人バドミントン選手権大会」が開催され、日本ユニシスから出場した女子ダブルス 高橋礼華・松友美佐紀組、混合ダブルス 数野健太・江淵愛美組が優勝しました。

高橋・松友組、数野・江淵組コメント
試合結果

女子ダブルス高橋礼華・松友美佐紀組は順当にベスト4に進出。準決勝でもパナソニックの三木・米元をストレートで降すと、決勝ではベテラン脇田・江藤組(岐阜トリッキーパンダース)にこの大会初めてゲームを落としたもののしっかり立ち直って勝利。2年ぶりの優勝を果たしました。
昨年の全日本総合の優勝と合わせ、現在国内の個人タイトル二冠です。

混合ダブルスでは数野健太・江淵愛美のペアが着実にゲームをものにし、こちらも準決勝まですべてストレート勝ち。
決勝ではNTT東日本の佐藤・西山組に第1ゲームをあっさりと奪われたものの、第2ゲームからの接戦をものにして逆転勝ち。この種目では、2009年のイケシオ以来3年ぶりの優勝をチームにもたらしました。
垰畑亮太・高橋礼華組もベスト8に進みましたが準々決勝でファイナルの末敗れています。

男子シングルスでは坂井一将選手が持ち前の攻撃力を発揮し勝ち上がると、準々決勝で昨年優勝の古財選手(トナミ運輸)に1ゲーム先取されながらも逆転で勝利。
続く準決勝ではロンドンオリンピック代表の佐々木選手(トナミ運輸)と対戦。これも第1ゲームを奪われ、第2ゲームも接戦からジュースと、後の無いところに追い込まれますがこれをものにし、ファイナルゲームも17本で振り切って勝利。決勝では接戦続きでの疲れが出たか、JR北海道の竹村選手に先行され、第2ゲームは奪ったもののファイナルで突き放され惜しくも準優勝となりました。

山田和司選手は準々決勝で武下(トナミ運輸)に競り負けベスト8。池田雄一は佐伯浩一(NTT東日本)にファイナルの末敗れてベスト16で終わりました。 男子ダブルスでは佐伯祐行・垰畑亮太のペアが準々決勝で佐藤・小松崎のNTTペアに17本、18本で競り勝ってベスト4入り。準決勝ではこの大会優勝したトナミの園田・嘉村組と壮烈な打ち合いを展開しましたがあと1本が奪えず惜敗しました。

一昨年に続き優勝を果たした高橋礼華・松友美佐紀組
一昨年に続き優勝を果たした高橋礼華・松友美佐紀組

初出場で初優勝の数野健太・江淵愛美組
初出場で初優勝の数野健太・江淵愛美組
女子シングルスは野尻野匡世選手が準々決勝に勝ち残ったもののNTTの後藤選手に敗れベスト8。
松友美佐紀選手も同じ後藤選手に敗れベスト16、打田しづか選手も土井選手(ヨネックス)に敗れ同じくベスト16に終わりました。

【高橋・松友組、数野・江淵組コメント】

[高橋礼華]
今回の大会で優勝することができ、正直ほっとしています。
まだまだ試合が続くので、これからもこの結果に満足せず頑張りたいと思います。応援ありがとうございました。

[松友美佐紀]
優勝することができ、嬉しく思います。今回得た良かった点も反省する点も、次につなげていきたいと思います。
次は「YONEX OPEN JAPANがあるので、よい成績を残せるよう、頑張りたいと思います。
今後とも応援よろしくお願い致します。

[江淵愛美]
今大会では初出場の混合ダブルスで優勝することができて大変嬉しく思います。まだ実感はありませんが、全日本総合に向けて少しでもレベルアップできるよう、練習に取り組みたいと思います。
来月からは、日本リーグもスタートするのでチーム一丸となって頑張ります。応援してくださった皆さん、ありがとうございました。

[数野健太]
今回の社会人では、ミックスで優勝という成績を残すことができ嬉しく思います。ただ、山田と組んだ男子ダブルスでは、早くに敗退してしまい自分の不甲斐なさを痛感した大会となりました。
今回の大会で得たものを、今後にしっかりと活かし、これからも良い成績を残せるよう頑張ります。皆様応援ありがとうございました。


【試合結果】

男子シングルス 坂井 一将 準優勝
山田 和司 ベスト8
池田 雄一 ベスト16
女子シングルス 野尻野 匡世 ベスト8
打田 しづか ベスト16
松友 美佐紀 ベスト16
木村 百花 1回戦敗退
男子ダブルス 佐伯 祐行
垰畑 亮太
第3位
数野 健太
山田 和司
3回戦敗退
女子ダブルス 高橋 礼華
松友 美佐紀
優勝
江淵 愛美
打田 しづか
3回戦敗退
篠谷 菜留
木村 百花
2回戦敗退
混合ダブルス 数野 健太
江淵 愛美
優勝
垰畑 亮太
高橋 礼華
ベスト8
佐伯 祐行
篠谷 菜留
3回戦敗退
小宮山 元
三木 江里子
2回戦敗退



* 関連リンク
平成24年度全日本社会人選手権大会

TOP