JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • トピックス
「バドミントン世界選手権2013」に上田拓馬、高橋沙也加早川賢一、遠藤大由、高橋礼華・松友美佐紀の6選手が出場します
2013年8月5日

8月5日、中国・広州において「バドミントン世界選手権2013」が開幕しました。
この大会に日本ユニシスから上田拓馬、高橋沙也加、早川賢一、遠藤大由、高橋礼華、松友美佐紀の6選手が出場しています。

【日本ユニシス選手エントリー】
・男子シングルス 上田拓馬
・女子シングルス 高橋沙也加
・男子ダブルス 早川賢一・遠藤大由組
・女子ダブルス 高橋礼華・松友美佐紀組
・混合ダブルス 早川賢一・松友美佐紀組

出場選手インタビュー
BWF World Championships 2013

世界選手権はオリンピックとならぶ最高グレード(BWF)の大会です。

どうぞ応援をよろしくお願いします。


天河体育館(中国・広州市)
【出場選手インタビュー】

[上田拓馬]
- - :
出場権を獲得した率直な感想
上田 : 世界選手権に出場できることをとても嬉しく思っています。
- - : 大会に向けて強化してきたポイントは?
上田 : 怪我に気をつけながらモチベーションをあげています。
- - : 大会の目標、応援してくださる方々にメッセージを
上田 : 目標は、ベスト8以上です。
初めての世界選手権、出るだけではなく一つでも多く勝ち上がり、日本ユニシス、日本代表の力を世界にアピールしてきます!
どうぞ応援よろしくお願いします。

上田拓馬

[高橋沙也加]
- - :
出場権を獲得した率直な感想
高橋 : 世界選手権に出場することができて、素直に嬉しいです。
- - : 大会に向けて強化してきたポイントは?
高橋 : 合宿では、あまり無理をし過ぎないよう気をつけていました。
今は、ドローを見て、対戦相手の分析・作戦などを考えています。
- - : 大会の目標、応援してくださる方々にメッセージを
高橋 : 目標はもちろん優勝ですが、一つひとつの試合を大事にしていきたいです。
私の持ち味は攻撃だと思うので、貴重な舞台で、良いパフォーマンスができるよう頑張ります。
どうぞ応援よろしくお願いします!

高橋沙也加
[早川賢一・遠藤大由組]
- - :
いよいよ世界選手権がスタートですね。
遠藤 : 今回のドローでは実力的には上の選手と当たるため、厳しい戦いになると思っています。
早川 : まずはベスト8を目指して、その次当たるのは前回大会チャンピオンのフーハイフン・カイユン組(中国)だと思うので、そこは自分たちの試合をするだけです。
- - : 大会に向けて強化してきたポイントは?
遠藤 : ローテーションの質をあげたり、フィジカル強化を目標に練習してきました。
早川: ミスもしないようにと心がけています。
- - : ペアとしては2度目の世界選手権となります。
前回大会から二人が成長したと思う点は?
早川 : メンタルの部分で少しだけ自信がついたのかなとは思いますが、まだまだフィジカル的には足りない部分が多いので頑張ります。
遠藤: どこが成長したか自分ではハッキリ分かっていませんが、少なからず何処かは成長してると信じたいです。
- - : 大会の目標、応援してくださる方々にメッセージを
遠藤 : 世界選手権に出るからにはメダルを狙って、1試合1試合自分のベストパフォーマンスを出すために、集中してやっていきたいと思います。
どうぞ応援よろしくお願いします。
早川 : 目標はやはりメダルですが、まずは、自分たちのプレーをしっかりすることを目標に頑張りたいと思います。
応援よろしくお願いします!

早川賢一・遠藤大由

[高橋礼華・松友美佐紀組]
- - :
いよいよ世界選手権がスタートですね。
高橋 : 1回戦から厳しい戦いになると思いますが、中国選手と当たるまでは負けたくないので、いつも通り自分たちのプレーをすることを心がけて試合をしたいと思います。
松友 : 本当にいよいよだなという気持ちです。
今は試合に向けて、できる限りの準備をして、 自信を持って試合に臨めるようにしたいと思っています。
- - : 大会に向けて強化してきたポイントは?
高橋 : ナショナルの直前合宿では、良いところよりも、苦手なところを少しでも良くするように、体調管理、怪我にも気をつけて練習していました。
松友 : 二人のローテーションなど、細かい部分も調整していました。
- - : ペアとしては2度目の世界選手権となります。
前回大会から二人が成長したと思う点は?
高橋 : 2年前に比べて周囲からの期待、自分たち自身のメダルへの思いが大きく変わりました。
私たちの持ち味であるコンビネーションと連続攻撃、ねばりを見てもらいたいです。
松友: 2年前の世界選手権は、憧れていた舞台に立てることが嬉しかったと同時に、 とても悔しい思いをしたことを覚えています。今は憧れではなく、 その舞台で勝ちたいという目標になっています。この2年間で少しかもしれませんが、 心身ともに成長できていると思います。


高橋礼華・松友美佐紀
- - :
大会の目標、応援してくださる方々にメッセージを
高橋 : いつもたくさんのご声援ありがとうございます。私たちにとって二度目の世界選手権は今までにないくらいプレッシャー、緊張と戦う大会になると思います。また、同時に早く試合をしたいという楽しみもあります。
感謝の気持ちを忘れず、自分たちらしく元気にプレーし、日本にメダルを持って帰れるように頑張りますので応援よろしくお願いします!
松友 : 私たちの今できる最高のプレーを、世界選手権の舞台で出すことが目標です。
メダル獲得を目指して、全力で頑張りますので、どうぞ応援よろしくお願いいたします!




* 関連リンク
BWF World Championships 2013

TOP