JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
「第6回東アジア競技大会」結果報告
2013年10月8日-13日開催

2013年10月8日〜13日、中国、天津市にて、「第6回東アジア競技大会」が開催され、日本ユニシスから坂井一将、佐伯祐行、垰畑亮太、井上拓斗の4選手が参加しました。

2複3単で争う男子団体戦は5カ国によるリーグ戦が行われ、日本は韓国に勝利したものの、中国に完敗。香港戦では坂井選手が世界11位のHUをストレートで破る活躍を見せますが、残る試合を競り合いながらも落とし、中華台北戦も1−4で敗れ、4位に終わりました。

個人戦ではシングルスに出場した坂井選手が2回戦で香港のWONG(12位)に73分の長い戦いを制して勝利。準決勝では中国のWANG(9位)にストレートで敗れたもののベスト4となりました。
ダブルスでは佐伯・垰畑組(45位)が韓国ペアを降して準決勝へ進出。中華台北のCHEN/LU組(34位)とファイナルゲームに持ち込む接戦の末敗れ、決勝進出はなりませんでした。

混合ダブルスでは垰畑選手が福万選手(ルネサス)と、井上選手が米元選手(北都銀行)と組んで出場しましたが、いずれも初戦で敗れました。
坂井一将
坂井一将

【試合結果】

団体戦 日本チーム 第4位
男子シングルス 坂井 一将 第3位
男子ダブルス 佐伯 祐行
垰畑 亮太
第3位
混合ダブルス 垰畑 亮太
福万 尚子
(ルネサス)
ベスト8
井上 拓斗
米元 小春
(北都銀行)
ベスト8

* 関連リンク
東アジア競技大会(日本バドミントン協会)

TOP