JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
「デンマークオープン2013」結果報告
2013年10月15日-20日開催

2013年10月15日〜10月20日、デンマーク・オーデンセ市にて「デンマークオープン2013(スーパーシリーズプレミア)が開催され、日本ユニシスから上田拓馬、早川賢一、遠藤大由、高橋礼華、松友美佐紀、高橋沙也加の6選手が参加しました。

昨年の同大会で準優勝の高橋・松友組(世界4位)は、1回戦は地元ペア、2回戦はタイペアを順当に下し、3回戦で世界8位のタイペアと対戦。接戦も予想されましたが、2ゲームとも14本のストレート勝利。決勝進出を賭けた準決勝の相手は中国のBAO/TANG組。いずれも他のペアリングで世界2位になっている実力者を相手に、第1ゲームは先行を許しながらも粘り強くラリーを重ねて追い上げ、先取。しかし第2ゲーム以降は相手の攻撃に主導権を握られ、いずれも15本でゲームを奪われ惜しくも敗退。ベスト4に終わりました。

早川・遠藤組(世界4位)も1回戦のデンマークペア、2回戦のマレーシアを順調に下し、3回戦でロンドン五輪金メダルのCAIと、先日のヨネックスオープン準々決勝で敗れたペアの一人CHAIのペアと対戦。
実力者同士の難敵でしたが、終始主導権を握ってリードを広げ、いずれも16本でストレート勝ちを収めベスト4進出を果たします。
続く準決勝では、今年の世界チャンピオンAHSAN/SETIAWAN組(インドネシア、2位)と対戦。5回目の対戦での初勝利を狙った戦いは、立ち上がり9−4とリードしますが、すぐに追いつかれ、そこからは一点を争う競り合いが続きます。相手のパワフルな攻撃に、固いレシーブとコンビネーションで立ち向かい、試合はジュースを繰り返す大熱戦。何度かゲームポイントをつかみますがものにできず、結局25−27で第1ゲームを失います。第2ゲームも序盤はペースをつかんでリードしますが終盤は競り合いでまたもジュースとなり、21−23で逃げ切られ敗退。惜しくもあと一歩及びませんでした。

早川選手と松友選手は混合ダブルスでも活躍を見せ(23位)、1回戦の韓国YOO/JANG組(29位)をファイナル17本で下すと、2回戦ではロンドン五輪銅メダルの地元ペアNIELSEN/PEDERSEN(4位)と大接戦を展開。長身の相手の攻撃をしのぎ、2ゲーム共ジュースに持ち込みますが最後に振り切られて敗れました。

男子シングルスでは、上田拓馬選手(14位)が地元のエースJORGENSEN(5位)と1回戦で対戦。
9月のヨネックスオープンでは敗れた相手に雪辱を期し、第1ゲームは立ち上がりからリードを奪いますが終盤追いつかれ、逆転で失います。第2ゲームは中盤で引き離して取り、勝負はファイナルゲームへ。ここでも競り合いとなりますが13−14の勝負どころから連続ポイントを許して敗れ惜しくも1回戦で姿を消しました。女子シングルスの高橋沙也加選手(13位)は1回戦で香港のCHAN(29位)と対戦し、第1ゲームを中盤から追い上げジュースの末奪い、第2ゲームも11−8とリードしますが、インターバル後から腰に違和感を感じ、6連続ポイントを奪われた所で、大事を取って棄権しています。
高橋礼華・松友美佐紀組
高橋礼華・松友美佐紀組

早川賢一(右)・遠藤大由組
早川賢一(右)・遠藤大由組

【試合結果】

男子ダブルス 早川 賢一
遠藤 大由
第3位
女子ダブルス 高橋 礼華
松友 美佐紀
第3位
男子シングルス 上田 拓馬 ベスト32
女子シングルス 高橋 沙也加 ベスト32
混合ダブルス 早川 賢一
松友 美佐紀
ベスト16

* 関連リンク
Yonex Denmark Open 2013

TOP