JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • トピックス
「バドミントン世界選手権2014」 結果報告
2014年8月25日-31日開催

2014年8月25日〜8月31日、デンマーク、コペンハーゲンにて、「バドミントン世界選手権2014」が行われ、日本ユニシスから上田拓馬選手、早川賢一選手、遠藤大由選手、高橋礼華選手、松友美佐紀選手、高橋沙也加選手が参加しました。

男子ダブルスの早川賢一・遠藤大由組(世界3位)は、第4シードで2回戦からの出場。初戦はドイツペア(41位)を相手に力の差を見せつけ、ストレートで勝利。韓国KO/SHIN組(10位)との対戦となった3回戦では、立ち上がり積極的に前に出てリードを奪いますが、遠藤選手のサービスが微妙な判定で2度フォルトを取られると、波に乗れず競り合いのままデュースとなり、相手の攻撃力に押し切られ21−23で第1ゲームを失います。第2ゲームは序盤の競り合いの中、今度は早川選手がサービスフォルトを取られ相手に流れが傾くと、攻めきれないまま、17本で逃げ切られ、無念の3回戦敗退となりました。

女子ダブルスの高橋礼華・松友美佐紀組(3位)も2回戦から登場し、ロシアペアを13本、13本のストレートで一蹴。続く3回戦では韓国の若手LEE/SHIN組(23位)との対戦。こちらも連続ポイントで序盤はリードを奪いますが、常に先手を取る相手の攻撃に、なかなか自分達の攻めの形を作らせてもらえず、ミスも出て逆転されリードを広げられます。中盤追い上げにかかったところで、松友選手がサービスフォルトを取られるなどで波に乗れず、第1ゲームは14本で奪われると、第2ゲームも相手の固いディフェンスを破れず、リズムをつかむことができないままストレートで敗戦。3回戦で姿を消しました。

女子シングルスには高橋沙也加選手(14位)が出場。初戦の2回戦ではブルガリアのベテランNEDELCHEVAに12本、7本で圧勝。3回戦でインドのNEHWAL(7位)に挑みます。積極的な攻撃で第1ゲームを奪い、第2ゲームも中盤で逆転し14−9とリードしますが、ここから追い上げられて終盤の連続ポイントでゲームを失います。ファイナルゲームの序盤は一進一退の攻防となりますが、中盤からペースを上げた相手に連続ポイントを許し、追い上げもかなわずに振り切られ、こちらも3回戦ベスト16に終わりました。

男子シングルスの上田拓馬選手(29位)、早川選手と松友選手の混合ダブルス(19位)は1回戦で敗れています。
早川賢一・遠藤大由組
早川賢一・遠藤大由組

高橋礼華・松友美佐紀組
高橋礼華・松友美佐紀組

【試合結果】

男子ダブルス 早川 賢一
遠藤 大由
ベスト16
女子ダブルス 高橋 礼華
松友 美佐紀
ベスト16
男子シングルス 上田 拓馬 ベスト64
女子シングルス 高橋 沙也加 ベスト16
混合ダブルス 早川 賢一
松友 美佐紀
ベスト64



* 関連リンク
Li Ning BWF World Championships 2014

TOP