JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
「ドイツオープン2015」
女子シングルス 奥原希望、高橋沙也加
男子ダブルス 早川賢一・遠藤大由組 第3位
2015年2月24日-3月1日開催

2015年2月24日〜3月1日、ドイツ・ミュールハイム・アン・デア・ルール市にて「ドイツオープン2015(GPG)」が開催され、日本ユニシスから出場した女子シングルス奥原希望選手、高橋沙也加選手、男子ダブルス 早川賢一・遠藤大由組が第3位入賞となりました。

試合結果

女子シングルスには奥原希望選手と高橋沙也加選手が登場。
2選手とも1、2回戦を順調に勝ち上がると、準々決勝で、奥原選手(世界18位)は第4シードのZHANG(アメリカ、12位)を、高橋選手(13位)は韓国のBAE(10位)をともにストレートで降し、ベスト4進出を果たします。
迎えた準決勝、高橋選手は第2シードのMARIN(スペイン、6位)と対戦。昨年も準決勝で対戦し勝利した相手ですが、今回は序盤からリードを許し、流れを取り戻せないままストレートで敗戦。
一方の奥原選手は、第1シードのSUNG(韓国、4位)相手に接戦を展開。19オールまでもつれたものの、振り切られて第1ゲームを失うと、第2ゲームは立ち上がりからリードを許しストレートで敗退。ともに第3位という結果に終わりました。

男子ダブルスでは、昨年準優勝の早川賢一・遠藤大由組(6位)が登場。1回戦で、元日本ユニシスの池田信太郎選手がBLAIR(スコットランド)と組んだ国際ペアと対戦。 第1ゲームは相手に奪われますが、第2ゲームからペースを取り戻し、ファイナル勝利。その後、順調に勝ち上がり、準決勝でデンマークペアと対戦しますが、186cmと203cmの長身ペアの攻撃を止められず、16本、14本のストレートで敗れ、決勝進出はなりませんでした。

女子ダブルス、高橋礼華と松友美佐紀組(2位)は1回戦で韓国のKIM/GO組と対戦。
いずれも世界ランキング1ケタ台の実力を持つ選手が新たに組んだ難敵を相手に、ストレートで勝利。しかし、続く2回戦ではインドネシアペアに接戦の末第1ゲームを奪われ、第2ゲームを取り返してファイナルに持ち込んだものの、流れをつかみきれずにリードを許して敗れてしまいました。

奥原希望
奥原希望

高橋沙也加
高橋沙也加

また、栗原文音・篠谷菜留組(30位)は1回戦から第8シードのマレーシアペア(17位)と対戦。1ゲームずつを分けあった後、ファイナルゲームは中盤まで優位にゲームを進めますが4連続ポイントを許して逆転されると、終盤1点差に追い上げたものの届かず、1回戦で敗退となりました。

男子シングルスには上田拓馬選手(26位)と坂井一将選手(62位)が出場。ともに1回戦を勝ち抜くと、2回戦は二人が対戦する組合せ。
第1ゲームは上田選手、第2ゲームは坂井選手がそれぞれ取り、ファイナルゲームは中盤で上田選手が大きくリードしますが、終盤、坂井選手が18−19から3連続ポイントをあげて72分の戦いに逆転勝ち。これで勢いに乗った坂井選手は3回戦で中華台北のCHOU(7位)と対戦。過去の対戦でも相性の良い相手にファイナル勝利でベスト8進出を果たします。準々決勝の相手は、香港のWONG(29位)。第1ゲーム、終盤に連続ポイントでゲームポイントを迎えますが、ここで勝ち切れずに逆転され失います。第2ゲームも序盤からリードを奪いますが、じわじわと追い上げられ、先にゲームポイントを迎えながら追いつかれてジュースとなり、最後は振り切られて敗退。ベスト8で大会を終えました。

【試合結果】

男子シングルス 坂井 一将 ベスト8
上田 拓馬 ベスト32
女子シングルス 奥原 希望 第3位
高橋 沙也加 第3位
男子ダブルス 早川 賢一
遠藤 大由
第3位
女子ダブルス 高橋 礼華
松友 美佐紀
ベスト16
栗原 文音
篠谷 菜留
ベスト32
混合ダブルス 早川 賢一
松友 美佐紀
ベスト32

* 関連リンク
Yonex German Open 2015

TOP