JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
「アジア選手権2015」
女子ダブルス高橋礼華・松友美佐紀組、
混合ダブルス早川賢一・松友美佐紀組 第3位!
2015年4月21日-26日開催

2015年4月21日〜26日、中国・武漢において「アジア選手権2015」が開催され、日本ユニシスから出場した女子ダブルス高橋礼華・松友美佐紀組、混合ダブルス早川賢一・遠藤大由組が第3位となりました。

試合結果

この大会は、昨年までグランプリ・ゴールドレベルの扱いでしたが、今年からスーパーシリーズと同格の位置づけになり、獲得するランキングポイントもアップしました。

女子ダブルスの第1シードとなった高橋礼華・松友美佐紀(世界ランク1位)は2回戦で中華台北ペアにストレート勝ちすると、3回戦の韓国LEE/SHIN組(9位)も14本、12本で一蹴してベスト4入り。準決勝の相手は先日のシンガポール・オープンで初めて勝利を挙げた中国のWANG/YU組(4位)。相手も続けて負けるわけにはいかないと闘志を見せ、立ち上がりからの攻勢で第1ゲームを奪われると、第2ゲームは取り返したものの、ファイナルゲームは後半の追い上げで5ポイント差まで縮めたものの逃げ切られ、リベンジを許してしまいました。

高橋礼華・松友美佐紀組
高橋礼華・松友美佐紀組
男子ダブルスの早川賢一・遠藤大由組(世界5位)も2回戦のインドペア(36位)にストレート勝ちし、3回戦の香港ペア(88位)には第2ゲームを奪われますが、ファイナルゲームは8本に抑えて勝利。準々決勝では過去4勝3敗と互角の争いのKIM/KIM組(韓国、11位)と対戦。第1ゲーム中盤に連続ポイントでリードを許し、このゲームを失うと、第2ゲームも終始相手のリードのまま、16−15から連続ポイントを許して敗れ、ベスト8で終わりました。

早川選手と松友選手の混合ダブルス(27位)は対戦予定だった世界1位の中国ペアの棄権などもあり、準決勝に進出。香港のLEE/CHAU組(13位)との戦いでは第1ゲームを奪われ、第2ゲームは13−5と大きくリードしながら、相手の攻撃力にペースを乱されてリードを失い、19−17から連続ポイントを許して敗れました。

女子シングルスでは、奥原希望選手(10位)、高橋沙也加選手(15位)共にベスト16で終わりました。

【試合結果】

女子ダブルス 高橋 礼華
松友 美佐紀
第3位
混合ダブルス 早川 賢一
松友 美佐紀
第3位
男子ダブルス 早川 賢一
遠藤 大由
ベスト8
女子シングルス 高橋 沙也加 ベスト16
奥原 希望 ベスト16

* 関連リンク
Dong Feng Citroen Badminton Asia Championships 2015

TOP