JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
「フランスオープン2015」結果報告
2015年10月20日-10月25日開催

2015年10月20日〜25日、フランス、パリ市にて「フランスオープン2015(SS)」が開催され、日本ユニシスから出場した女子シングルス奥原希望、男子ダブルス早川賢一・遠藤大由組がベスト8となりました。

試合結果

男子ダブルスで昨年準優勝の早川賢一・遠藤大由組(世界5位)は1回戦で中国のLI/LIU組(15位)にストレートで快勝すると、2回戦ではマレーシアのKOO/TAN組(22位)と対戦。元世界1位でペアの解消・再結成を繰り返してきたベテランに第1ゲームを奪われ、第2ゲームもリードされますが、終盤に5連続ポイントで逆転すると、ファイナルゲームも中盤から抜け出して勝利しベスト8に進出します。準決勝進出をかけての対戦相手は、世界1位のLEE/YOO組(韓国)。立ち上がりからリードを奪われ、相手のペースを崩すことができず、残念ながらストレートで敗れました。
数野健太・山田和司組(23位)は1回戦で中華台北のLIN/WU組(44位)と終始接戦を展開しファイナルゲーム、ジュースの末に振り切って勝利。しかし、2回戦ではインドネシアのSERIAWAN/AHSAN組(2位)の前に力を発揮できず0-2で敗れました。

女子シングルスでは奥原希望選手(9位)が登場。1回戦は世界ジュニアからのライバルSUN(中国、11位)との対戦でしたが、立ち上がりから積極的に攻めて1ゲームを先取。第2ゲームも終盤に逆転してストレート勝利で初戦を突破します。2回戦では、中国のWANG Yihan(8位)を相手に、第1ゲームを中盤から抜け出して13本で先取。第2ゲームも14本の快勝でベスト8に進出。準々決勝では、この大会3人目の中国選手となるWANG Shixian(6位)と対戦。第1ゲームは中盤からリードを奪われて失いますが、第2ゲームは4−3から10連続ポイントを奪って大量リード。しかし、相手も盛り返して追いつかれジュースに突入。何度もゲームポイントをつかみながら決められず、25オールまでもつれますが、ここから突き放され結局ストレートで敗れました。

女子ダブルス高橋礼華・松友美佐紀組(1位)は、高橋・松友組はドイツペア(28位)にストレート勝ちで2回戦に進みますが、中国の元世界1位TANGがこのヨーロッパ遠征から組み始めたHUANGとのペアに、第1ゲーム中盤からペースをつかまれ、第2ゲームも後半追い上げたものの届かず、ストレートで敗れました。中国ペアは、最終的に優勝しています。
栗原文音・篠谷菜留組(25位)は、韓国の実力者ペアJUNG/SHINに1回戦敗退しています。

混合ダブルスでは、予選から出場した数野健太・栗原文音組(65位)は2試合をストレート勝ちして本戦に進出。1回戦でもNOHR/THYGESEN組(デンマーク、35位)を16本、17本で降して2回戦に進みますが、第6シードのADCOCK夫妻組(イングランド、7位)に主導権を握られストレートで敗戦。もう一組の早川賢一・松友美佐紀組(20位)は1回戦のLABAR/LEFEL組(フランス、22位)に2ゲームとも粘られながらも振り切って勝利。2回戦のLIU/BAO組(中国、3位)との対戦では、第1ゲームを終盤の逆転で先取。しかし残る2ゲームは、いずれも中盤から引き離されて2回戦で敗退となりました。

男子シングルスの上田拓馬選手(27位)は、未だ本調子とは言えず、予選から勝ち上がってきた西本選手(中央大)にストレートで敗れ、1回戦敗退に終わっています。

早川賢一・遠藤大由組
早川賢一・遠藤大由組

奥原希望
奥原希望

【試合結果】

男子シングルス 上田 拓馬 ベスト32
女子シングルス 奥原 希望 ベスト8
男子ダブルス 早川 賢一
遠藤 大由
ベスト8
数野 健太
山田 和司
ベスト16
女子ダブルス 高橋 礼華
松友 美佐紀
ベスト16
栗原 文音
篠谷 菜留
ベスト32
混合ダブルス 数野 健太
栗原 文音
ベスト16
早川 賢一
松友 美佐紀
ベスト16

* 関連リンク
Yonex French Open

TOP