JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
「マレーシアマスターズ2016」
女子ダブルス 高橋礼華・松友美佐紀組 優勝!
2016年1月19日-24日開催

2016年1月19日〜24日、マレーシア・ペナンにて「マレーシアマスターズ2016(GPG)」が開催され、日本ユニシスから出場した女子ダブルス高橋礼華・松友美佐紀組が優勝しました。

高橋礼華・松友美佐紀組コメント
試合結果

2016年初の国際大会に出場した高橋礼華・松友美佐紀組(世界4位)は順調に勝ち進むと、準決勝では中国の若手ペアを2-0で下し、決勝進出を果たします。
迎えた決勝戦の相手は、11月の中国オープン決勝でファイナルゲームの末に敗れた北京五輪金のユー・ヤンと若手のタン・ユンタンが組んだ中国ペア。ペア結成後、ほぼ全ての大会でタイトルを獲得している強豪です。
高橋・松友組は、出だしからユー・ヤンの攻撃を封じながら積極的に攻め、第1ゲームを18本で先取。
第2ゲームは、相手に先行を許したものの追いつくと、そこからはシーソーゲームとなり、中国ペアにマッチポイントを握られます。しかし、高橋・松友組は冷静にデュースに持ち込むと、22-20で逆転勝利。2016年初タイトル獲得となりました。

今年、ナショナルに復帰した男子ダブルス佐伯祐行・垰畑亮太組は、2回戦を逆転勝ちで準々決勝に進出。ベスト4入りを賭けて地元マレーシアのクータン・ペアに挑みますが、ファイナルで敗れベスト8で終わりました。
男子シングルス上田拓馬選手は初戦敗退、混合ダブルス数野健太・栗原文音組は2回戦敗退となりました。

2016年初タイトルを獲得した高橋礼華・松友美佐紀組
2016年初タイトルを獲得した高橋礼華・松友美佐紀組

【高橋礼華・松友美佐紀組コメント】

高橋 礼華
「今回の決勝で対戦した中国ペアは、ペアを結成してから出ているグランプリゴールドとスーパーシリーズ(香港オープン以外)のほぼ全てで優勝していたので、優勝を阻止したいという気持ちがありました。
11月の中国オープン決勝で初対戦した際、負けはしたのですが手応えを掴んでいたので、次こそは勝ちたいという気持ちで挑み、結果、勝つことができて良かったです。
今回はグランプリゴールドでの優勝でしたが、残りのレースの中でスーパーシリーズ、プレミアスーパーシリーズで優勝することが今の目標です。
次は全英オープン優勝に向けて頑張ります。応援ありがとうございました! 」

松友 美佐紀
「今回、グランプリゴールドでしたが、久しぶりに優勝という結果を残せて良かったです。
決勝の中国ペアに勝利できたことは嬉しいですし、今年初めの試合ということで幸先の良いスタートが切れたと思います。
今後も、自分たちのプレーをしっかり出せるよう、そしてオリンピックを見据えて、色々なこと試していければと思っています。
これからもどうぞ応援よろしくお願いいいたします!」



【試合結果】

女子ダブルス 高橋 礼華
松友 美佐紀
優勝
男子ダブルス 佐伯 祐行
垰畑 亮太
ベスト8
混合ダブルス 数野 健太
栗原 文音
ベスト16
男子シングルス 上田 拓馬 ベスト32

* 関連リンク
Victor Far East Malaysia Masters

TOP