JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果

「第66回全日本実業団バドミントン選手権大会」男女とも準優勝!

2016年6月29日-7月3日開催

6月29日(木)〜7月3日(日)、福井県勝山市、福井市、永平寺町にて開催された「第66回全日本実業団バドミントン選手権大会」において、男子チーム、女子チームとも準優勝しました。

試合結果

日本ユニシスチームは男女とも決勝トーナメントから出場しました。
男子準決勝は日立情報通信エンジニアリングとの対戦。早川・遠藤組が相手の粘りを振り切ってストレート勝ち。佐伯・垰畑組はストレートで敗退し、第1シングルスの上田選手が接戦を競り勝ち、チームの勝利に王手。続く井上選手はファイナルゲームの末敗れ、最後の小野寺選手が持ち前の粘るラリーで流れを引き寄せて勝利し、決勝への出場権をつかみました。
女子は北都銀行との対戦。高橋・松友組が長身ペアの攻撃に苦戦し、敗退。栗原・東野組は積極的な攻撃で勝利、続く奥原選手もストレート勝利で優位に立ちます。星選手が敗戦し、最後は久しぶりの実戦となる高橋沙也加選手が必死のプレーで見事勝利し、男子とともに決勝に進みました。

決勝は、男子がトナミ運輸、女子が再春館製薬所との対戦となりました。
男子は、早川・遠藤組以外が敗れ、あと一歩で優勝には届きませんでした。
一方の女子は、高橋・松友組が1時間半を超える長い戦いの末勝利。奥原選手は、山口選手を応援する大声援の中、冷静な試合運びでストレート勝利しましたが、3試合は大健闘するも敗退。男女ともチーム一丸で戦い抜いた結果、準優勝となりました。

閉会式では、敢闘選手賞に男子の小野寺選手、女子の奥原選手が選出され表彰されました。

大会期間中応援いただきました皆様、ありがとうございました。
秋からスタートする「日本リーグ」から名称が変わった
「BADMINTON S/J LEAGUE」 では2年連続の男女同時優勝を目指して戦いますので、引き続きどうぞ応援よろしくお願いいたします。






日本ユニシス男子チーム
日本ユニシス男子チーム

日本ユニシス女子チーム
日本ユニシス女子チーム

【試合結果】
■試合形式:
2複3単(ダブルス2試合 + シングルス3試合)によるトーナメント形式で行われる団体戦。
決勝トーナメントからは3勝した時点でゲーム打ち切り。



男子準決勝
日本ユニシス 3-2 日立情報通信エンジニアリング
早川 賢一
遠藤 大由
2 21-19
21-14
0 大嶋 一彰
山�ア 裕太
佐伯 祐行
垰畑 亮太
0 14-21
9-21
2 山村 駿介
塚本 好喜
上田 拓馬 2 24-22
21-19
0 松川 直弘
井上 拓斗 1 21-23
21-9
15-21
2 丸尾 亮太郎
小野寺 裕介 2 20-22
23-21
21-17
1 堀内 研人

男子決勝
日本ユニシス 1-3 トナミ運輸
早川 賢一
遠藤 大由
2 21-9
21-10
0 園田 啓悟
嘉村 健士
数野 健太
渡辺 勇大
0 12-21
13-21
2 保木 卓朗
小林 優吾
上田 拓馬 1 18-21
22-20
16-21
2 山口 容正
小野寺 裕介 0 8-21
7-21
2 常山 幹太
井上 拓斗 - - - 佐々木 翔


女子準決勝
日本ユニシス 3-2 北都銀行
高橋 礼華
松友 美佐紀
0 19-21
22-24
2 永原 和可那
松本 麻佑
栗原 文音
東野 有紗
2 21-11
21-17
0 米元 小春
田中 志穂
奥原 希望 2 21-10
21-16
0 永田 麗
星 千智 0 13-21
16-21
2 川上 紗恵奈
高橋 沙也加 2 16-21
22-20
21-15
1 田中 志穂

女子決勝
日本ユニシス 2-3 再春館製薬所
高橋 礼華
松友 美佐紀
2 21-17
19-21
24-22
1 福島 由紀
廣田 彩花
栗原 文音
東野 有紗
0 18-21
16-21
2 福万 尚子
與猶 くるみ
奥原 希望 2 21-14
21-18
0 山口 茜
星 千智 0 15-21
19-21
2 峰 歩美
高橋 沙也加 0 19-21
19-21
2 伊東 可奈



* 関連リンク
全日本実業団選手権大会

TOP