JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果

「マカオオープン2017」 結果報告

2017年11月7日-11月12日開催
2017年11月7日~12日、マカオにて「マカオオープン2017(GPG)」が開催され、日本ユニシスからは井上拓斗、金子祐樹、渡邉航貴、篠谷菜留、星千智の5名が出場しました。

男子ダブルスの井上拓斗・金子祐樹組(13位)は1回戦で中華台北ペアを圧倒。
2回戦では中華台北のCHANG/LU組とファイナル勝負となりますが、最後に4連続ポイントを決めて勝利。しかし、3回戦では韓国の若手KIM/SEO組に第1ゲームをデュースの末に奪われると、第2ゲームも流れをつかまれたまま追いつけずストレートで敗れ、ベスト8となりました。

男子シングルスの渡邉航貴は1回戦で中華台北選手に第1ゲームをデュースと粘られたものの、第2ゲームは圧倒して勝利。2回戦ではシード選手で、過去には世界10位まで上がったこともあるベテランのLIEW(マレーシア、62位)と終始競り合いながらも、2ゲームとも最後に突き放してストレート勝ち。
3回戦でもマレーシアのCHONG(第7シード、43位)相手に、第1ゲーム中盤までリードしますが逆転され、何とか1点差に追いすがるものの突き放され、ストレートで敗れました。

女子ダブルスには篠谷菜留・星千智組(29位)が出場。
1回戦の相手は元世界1位のTANG(中国)が若手のCHENと組んだペア。第1ゲームは終始リードされますが、終盤デュースに持ち込んでこのゲームを先取。第2ゲームは失いますが、ファイナルゲームは互いにリードを奪い合う接戦。終盤までもつれますが、最後に逃げ切られ1回戦敗退となりました。
井上拓斗
井上拓斗
金子祐樹
金子祐樹

試合結果

男子ダブルス 井上 拓斗
金子 祐樹
 ベスト8
男子シングルス 渡邉 航貴 3回戦敗退
女子ダブルス 篠谷 菜留
星 千智
1回戦敗退

関連リンク

TOP