JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果

「ベトナムインターナショナルチャレンジ2018」 結果報告

2018年3月20日-3月25日開催
2018年3月20日~25日、ベトナム、ハノイ市にて「ベトナムインターナショナルチャレンジ2018(IC)」が開催され、日本ユニシスからは岡村洋輝、栗原文音、篠谷菜留の3名が参加しました。

男子ダブルスには岡村洋輝が小野寺雅之(早稲田大)と組んだペアが第2シードで出場。1回戦ではマカオのペアに9本、8本で勝利。2回戦のインドネシアペアとの対戦では、第1ゲームを競り合いながら19本で奪われますが、第2ゲームからは立ち直り、17本、17本で逆転勝ち。3回戦に進んで対戦した中華台北ペアとは、第1ゲームでデュースにもつれ込む接戦の末20-22で失うと、第2ゲームも競り合った末に17本で敗れベスト8となりました。

一方昨年末に行われた混合ダブルス選考会の結果で代表入りした栗原文音と篠谷菜留は新たに組んだペアで最初の国際大会への参加。
トナミ運輸の権藤選手と組んだ栗原は1回戦で地元ペアに圧勝。しかし2回戦ではインドネシアペアに18本、17本でストレート負け。日本大学の三橋選手と組んだ篠谷は予選からの出場となり、中華台北ペアに勝って本戦に出場。第4シードのベトナムペアとの1回戦では第1ゲームをデュースの末に失い、第2ゲームも粘ったものの16本で失い、1回戦で敗退となりました。
応援ありがとうございました。

試合結果

男子ダブルス 岡村 洋輝
小野寺 雅之(早稲田大学)
ベスト8
混合ダブルス 栗原 文音
権藤 公平(トナミ運輸)
2回戦敗退
篠谷 菜留
三橋 健也(日本大学)
1回戦敗退

関連リンク

TOP