JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
男子ダブルス 坂本修一・池田信太郎組 「第62回全日本総合バドミントン選手権大会」で優勝!
〜 日本ユニシスが男子ダブルスの表彰台を独占 〜
2008年11月12日-16日開催

11月12日(水)〜16日(日)、東京都渋谷区・代々木第二体育館において、「第62回全日本総合バドミントン選手権大会」が開催され、男子ダブルス 坂本修一・池田信太郎組が2年ぶり2回目の優勝を果たしました。

また、 準優勝の数野健太・早川賢一(日本大学4年・2009年度入社内定者)組、3位の廣部好輝・小宮山元組と、日本ユニシスが男子ダブルスの表彰台を独占。
男子シングルスでは第3位に池田雄一選手、混合ダブルスでは廣部好輝・金森裕子組が準優勝、小宮山元・浅原さゆり組が第3位の好成績を残しました。

男子ダブルス坂本修一・池田信太郎組 優勝の瞬間
男子ダブルス坂本修一・池田信太郎組 優勝の瞬間
大会期間中、応援いただきました皆様、どうもありがとうございました。
この結果を弾みに、12月7日より再開する「日本リーグ2008」では優勝目指して戦ってまいりますので、引き続きどうぞ応援よろしくお願いいたします。

*坂本修一・池田信太郎インタビュー
*数野健太・廣部好輝・小宮山元・池田雄一インタビュー


後列左より:小宮山元、池田雄一、廣部好輝、数野健太、浅原さゆり、金森裕子、前列左より池田信太郎、坂本修一
後列左より:小宮山元、池田雄一、廣部好輝、数野健太、浅原さゆり、金森裕子
前列左より池田信太郎、坂本修一




* 関連リンク
・11月17日付ニュースリリース
日本ユニシス実業団バドミントン部男子ダブルス 坂本修一・池田信太郎組 「第62回 平成20年度 全日本総合バドミントン選手権大会」で優勝
〜日本ユニシスが男子ダブルスの表彰台を独占〜

日本バドミントン協会

TOP