JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
第48回全日本実業団選手権大会 1998/6/3-7

さる6月3〜7日、愛知県総合体育館他で開催された第48回全日本実業団バドミントン選手権大会において、我がユニシスバドミントンチームは参加150チームのうち、 堂々の>準優勝をおさめました。

決勝の第1ダブルスでNTT東京の日本チャンピオン組を破った時には、 このまま優勝できると思った!」という監督のコメントからも、 ユニシスの大谷/矢部 VS. NTT東京の太田/竹鼻の試合が本当に熱い戦いだったことが解ります。

試合結果は以下のとおりです。

3回戦(3−0)
日本ユニシス 3−0 東京電力
 
4回戦(3−1)
日本ユニシス 3−1 豊田工機
 
5回戦(3−0)
日本ユニシス 3−0 北都銀行


準々決勝戦(3−0)
日本ユニシス VS. NTT東北
片岡/加賀谷 2−1 関根/清元
石井/矢部 2−0 内村/山浦
山田 2−0 上滝


準決勝戦(3−1)
日本ユニシス VS. ベスト電器
石井/矢部 0−2 沙/清水
片岡/加賀谷 2−0 藤原/棟居
藤本 2−0 中尾
2−0 清水


決勝戦(1−3)
日本ユニシス VS. NTT東京
大谷/矢部 2−1 太田/竹鼻
片岡/加賀谷 0−2 片山/久保田
0−2 町田
山田 0−2 須賀


結局は1−3で破れはしたものの、「過去3回の決勝戦の中で、 一番手応えを感じた決勝戦だった...」という監督のコメントに嘘はない!と横で観戦していた私たちも強く思った次第です。

TOP