JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
ヨネックスジャパンオープン'99 1999/4/6-11

世界のトッププロが集まる大会として注目度も高い、ヨネックスオープンジャパン'99(4/6?11)が先日閉幕しました。
この大会では、我が日本ユニシスチームの加賀谷&矢部両選手がダブルスで 3回戦まで勝ち進み(ベスト16) 、インドネシアのアントニウス&カントノペア(ベスト4)と善戦しました。
という訳で、"参加16カ国、総勢216名が顔を合わせた世界有数のビッグイベント"を体感した2人にその感想を聞いてみました。


[加賀谷選手のコメント]



こんにちわ、加賀谷です。 ヨネックスオープンは世界大会でもトップクラスが集まるとてもレベルの高い試合です。国内の試合と比べて全然レベルが違います!国内トップクラスでもちょっと歯が立たないのが現状です(特に男子の場合は)。
素人の方が観ていて「何が違うんだろう」、「あまり変わらないだろう」と感じると思いますが、我々からすれば「パワー・スピード・スタミナ・テクニック・精神力・戦術」あらゆる面で彼らの方が優れています。
とにかく、敗因は「力不足」です。その差を少しでもうめられるよう日々精進しています。いつかは彼らと同じ舞台で活躍できるよう頑張ります!
(このホームページ担当者に「有名選手のサインをもらったか?」と聞かれましたが、)僕は誰のサインももらっていません。『あいつらすげーなぁ?』と思ってもサインまではちょっとね!一応、僕もプレイヤーなので...(^^;



[矢部選手のコメント]



"ユニシス・インパクト王"の矢部です(^^)\
ヨネックスジャパンオープン'99についてお話します。
世界レベルの試合を真近に見ることができ、また実際に対戦して感じることもでき勉強になりました。やはり、日本人とはパワーもスピードも技術もちがいますね。はっきりいって基礎から!
それに世界の選手はレベルの高い人どうしで常に練習してるわけですから、自然とレベルはアップしていく(!?)訳で、環境が違いますね!日本とは!
でも今回はいい試合ができたと思います。試合中いいラリーはできていましたし。(1ゲームくらい取りたかったですが...)
次回は1戦ぐらい大物選手に勝てるようにしたいですね!
そして見ている人からサインぜめにあいたい...


TOP