JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
「第58回全日本実業団選手権大会」結果報告
2008年7月9日-7月13日開催

7月9日(水)〜13日(日)、熊本県八代市・八代市総合体育館等にて「第58回全日本実業団バドミントン選手権大会」が開催されました。
王者奪回を目指した日本ユニシス男子チームでしたが、準決勝でトナミ運輸に2-3で敗れ、昨年に続き3位となりました。


昨年3位の男子チームはシードにより決勝トーナメント2回戦からの出場です。

初戦の豊田自動織機戦、3回戦のウェンブレー戦では、最近めずらしい池田雄一選手のダブルス出場も交えて3-0と順当に勝利。
準々決勝の日立情報エンジニアリング戦は第2ダブルスの廣部・数野ペアが星を落としたものの、続く第1シングルスには この大会で選手引退を表明した新監督中西洋介が登場し、
華麗なシャトルワークで相手を翻弄し。自らチームを引き締め直して3−1で勝利し、準決勝へと進出します。

中西洋介
中西洋介
迎えた準決勝の相手は、昨年同様トナミ運輸。
九州支社メンバーに、お客様である再春館製薬様も加わっていただいた応援団が声援を送る中、昨年の雪辱に燃える日本ユニシスは第一ダブルスで王・廣部組が舛田・大束と対戦します。

気合充分でスタートした日本ユニシスペアが序盤からリードして第1ゲームを先取。
第2ゲームは先行を許し追い上げも届かず 逃げ切られ、第3ゲームへ。
一進一退の競り合いからが続きますが最後は振り切ってまず1勝。
続く坂本・池田もこの勢いにのり序盤からポイントを連取。元五輪王者チャンドラと平田選手が組んだペアを終始リードし1ゲームを先取します。
第2ゲームは序盤の競り合いが続きますが、中盤こちらのミスが出てリードされ、一旦追いついたものの次第に調子を上げたチャンドラのスマッシュで再びリードを許して17-21で失ってしまいます。
第3ゲームも第2ゲームの流れを断ち切ることができず終始リードを奪われたまま12-21で敗戦。
ダブルスは1勝1敗で星を分け、勝負はシングルスへ。

第1シングルスに立った池田雄一選手は前後に良くコントロールして配球し着々とリードを広げ、菊田選手相手に2ゲームとも確実に取って、日本ユニシスが王手をかけます。

続く第2ダブルスは昨年総合ベスト4の井上知也選手が、昨年学生王者で地元熊本出身の古財選手と対戦。
序盤は互角の展開も井上に気負いがあったか、決めに行く球のコントロールに正確さを欠き13本で失います。
しかし第2ゲームは思い切って深く攻めて相手のミスを誘い、序盤からのリードを守って1-1に。
勝負のファイナルゲームは1点を争う展開となりますが、中盤からわずかに井上選手がリード。さらに13-11から井上のクロスのスマッシュが決まったと見えましたが、線審の明確なインのコールを主審がコレクションしてアウトの判定。ベンチの猛抗議も実らず相手のポイントとなると、流れが変わりさらに3ポイントを連取されます。井上選手も意地で踏ん張り再逆転し20-18とマッチポイントを握りますが、ここは攻めきれず追いつかれ20-20で延長へ。
相手のリードを逃れもう一度22-21とリードしますが、井上選手の線上に落ちたと見えたショートサービスがアウト。再延長後リードを許すと、最後は井上選手のサーブレシーブがネットにかかり敗退。
ついに勝負は最後の第3シングルスへと突入します。

早坂選手と劉選手の対戦は、劉選手にリードされる形でスタート。中盤追い上げるもののミスもあってなかなか追いつけません。逆に劉選手がリードに気を良くして強打を決め第1ゲームを失います。
第2ゲームは 早坂選手のリードでスタートますが突き放すことができず、終盤で逆転されると先にマッチポイントを握られてしまいます、しかし、早坂選手の渾身のスマッシュを決めまたも延長へ。
なおも激しいラリーが続きますが、最後は早坂選手の送り込んだクリアがラインをわずかに越えてゲームセット。

死闘と言っていい熱戦も一歩及ばず昨年と同じく3位に終わりました。
目標とした壁を越えることができず悔いの残る結果ではありましたが、悔しい思いを次へのエネルギーとし、最後に勝ち切る力に変えていきたいと思います。

応援いただいた皆様ありがとうございました。

【2008年7月13日:準決勝戦】
日本ユニシス 2-3 トナミ運輸
王 偉
廣部 好輝
2 21-14
17-21
21-18
1 舛田 圭太
大束 忠司
坂本 修一
池田信太郎
1 21-12
17-21
12-21
2 チャンドラ・ウィジャヤ
平田 典靖
池田 雄一 2 21-12
21-13
0 菊田 健一
井上 知也 1 13-21
21-14
22-24
2 古財 和輝
早坂 幸平 0 14-21
22-24
2 劉 志遠


【2008年7月12日:準々決勝戦】
日本ユニシス 3-1 日立情報通信
エンジニアリング
坂本 修一
池田 信太郎
2 22-20
21-8
0 山下 洋平
舘田 真哉
廣部 好輝
数野 健太
1 21-12
17-21
19-21
2 長原 克博
中尾 祐介
中西 洋介 2 21-8
21-9
1 銭谷 公浩
池田 雄一 2 21-6
21-13
0 山下 洋平


【2008年7月12日:3回戦】
日本ユニシス 3-0 ウェンブレー
坂本 修一
池田 信太郎
2 21-7
21-16
0 曾澤 真之介
仲澤 悟史
王 偉
廣部 好輝
2 21-6
21-6
0 深谷 桂司
寺西 頼太
井上 知也 2 21-16
21-11
0 鈴木 利之


【2008年7月11日:2回戦】
日本ユニシス 3-0 豊田自動織機
廣部 好輝
数野 健太
2 21-10
21-5
0 芳賀 涼
田中 陽一
王 偉
池田 雄一
2 27-25
17-21
11-21
0 桂 秀典
上柿 拓也
早坂 幸平 2 20-22
21-17
21-12
0 川田 隆弘


▲ページTOPに戻る

TOP