JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

バドミントンのルール解説

スコアリングシステムについて(第7条)
1. 全種目の試合において2ゲーム先取の3ゲームで行われる。(特別ルールのときのみ変更)
特別ルールとは、前もって定められた試合(21点ラリーポイント1ゲームマッチなど)のことをいいます。
2. 21点を先取した方がそのゲームの勝者となる。但し4、5の場合を除く。
3. ラリーに勝った方が得点する。
ラリーに勝つとは相手がフォルトする、またはシャトルが相手コートに落ちた場合のことを言う。
4. スコアが20点オールになった場合は、その後最初に2点リードした方がそのゲームでの勝者となる。
5. スコアが29点オールになった場合は、30点目を得点した方がそのゲームの勝者となる。
6. ゲームに勝った方が次のゲームで最初にサービスをする。

平山優監督のワンポイントアドバイス

ラリーポイント制に変わったことで試合時間が短縮され、試合でより攻撃的なプレーが目立つようになりました。
自分のミスが相手のポイントになってしまうので試合の序盤から緊張感があり、気が抜けなくなります。
TOP