JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • topics

「バドミントン日本リーグ2014」日本ユニシス女子チーム 札幌大会も3-0で連勝を4に伸ばす!

2014年9月13日-12月28日開催
11/3(月・祝)北海道立総合体育センター・北海きたえーるにおいて、「日本リーグ2014」第4戦が開催され、日本ユニシス女子チームはヨネックスと対戦。3-0の快勝で連勝記録を4に伸ばしました。

対戦結果
試合レポート
試合日程
男子チーム試合結果

第5戦は、12/14(日)さいたま市記念総合体育館にてNTTと対戦します。
引き続きどうぞ応援よろしくお願いいたします。
連勝を4に伸ばした女子チーム
連勝を4に伸ばした女子チーム

■女子チーム試合日程   試合形式 : 2複1単(ダブルス2試合 + シングルス1試合)の団体戦
第1戦
第2戦
第3戦
第4戦
第5戦
第6戦
第7戦
 9/13(土)
 9/14(日)
10/ 4(土)
11/3(月・祝)
12/14(日)
12/27(土)
12/28(日)
vs 七十七銀行
vs 広島ガス
vs 岐阜トリッキーパンダース
vs ヨネックス
vs NTT東日本
vs 北都銀行
vs ルネサス
[○3-0]
[○3-0]
[○3-0]
[○3-0]
[-]
[-]
[-]
高岡市民体育館
高岡市民体育館
大府市民体育館
北海道立総合体育センター
さいたま市記念総合体育館
国立代々木競技場第二体育館
国立代々木競技場第二体育館

【試合レポート】

【11月3日 : 第4戦 vs ヨネックス 】    ・スコア

女子チームは3日、時折り雪になる雨模様の札幌で、最初の関門ヨネックスとの試合に臨みました。
会場には北海道支店の方々も参加して、熱い声援を送っていただきました。


第1複  高橋 礼華・松友 美佐紀 2 - 1 内藤 真美・土井 杏奈

高橋・松友組は第1ダブルスに登場し、ベテランの内藤選手と土井選手のペアと対戦。

立ち上がり高橋・松友組がそれぞれスマッシュを決め4連続ポイントを奪いますが、相手も追いついて互角の展開。
しかし、中盤からリードを許し、14−21で奪われてしまいます。

第2ゲームも勢いに乗った相手に1−5とリードされますが、固いレシーブからミスを誘い7−6と逆転。松友選手の前衛プレイに高橋選手のスマッシュと得意の形が出始め、じわじわと差をつけて15本で奪い返します。

ファイナルゲームは第2ゲームの流れのまま、8−1とリード。そのままペースを緩めずにポイントを重ね、最後は松友選手のカットが綺麗に決まって、21−10で勝利を収めました。

単  高橋 沙也加 2 - 1 鈴木 温子

シングルスでは、開幕戦以来となる高橋沙也加選手が鈴木選手と対戦。

立ち上がりからコントロールに苦しみ、リードを奪われると、ミスも重なり14本でゲームを失います。

第2ゲームもクロスのヘアピンを何度もネットするなど波に乗れず接戦が続きますが、19オールからようやくヘアピンをネットインで押し込み、最後は相手のネットでゲームを取り返します。


ファイナルゲームに入り、ようやく切れの良いカットが決まりリードすると、相手の足も止まり始め、連続ポイントで突き放して21−8でチームの勝利もつかみ取りました。

第2複 栗原 文音・篠谷 菜留  2 - 0 板垣 有紀・櫻本 絢子

前日、篠谷選手がやや体調を崩していたこともあり、今回は第2ダブルスにまわった栗原文音・篠谷菜留組は板垣・櫻本組と対戦。

立ち上がり競り合いますが、落ち着いてシャトルを回し次々とショットを決めてリードすると、相手の反撃を抑えて13本でゲームを先取。

流れをしっかりとつかんだユニシスペアは、第2ゲームも前半から連続ポイントでリードし、その後も着実にポイントを重ね21−11で勝利。ヨネックスを相手に苦しんだ戦いでしたが、終わってみれば3−0での勝利。

今リーグ初めてゲームは落としたものの、マッチは失わず勝ち点4に一番乗り。この後、国際試合や個人戦の全日本総合選手権があるため、リーグはしばらく中断。
次回は12月14日に、さいたま市記念総合体育館でNTT東日本と対戦します。

引き続き、皆様のご声援をお願いします。

▲ページTOPに戻る



【10月4日 : 第3戦 vs 岐阜トリッキーパンダース 】    ・スコア

日本リーグ第3戦は、岐阜トリッキーパンダースが相手。
会場となった愛知県大府市は打田しづか選手と、篠谷菜留選手の出身地。開始式では、両選手に大きな花束が手渡されました。

花束贈呈を受け、笑顔を見せる篠谷菜留、打田しづか
花束贈呈を受け、笑顔を見せる篠谷菜留、打田しづか

この日は、第2戦の広島ガス戦と同じオーダーとなり、第1ダブルスは篠谷菜留・栗原文音組が登場。
相手の江藤・松田組は開幕戦でルネサスの前田・垣岩組を破る金星を上げています。

第1複  栗原 文音・篠谷 菜留 2 - 0 江藤 理恵・松田 蒼

立ち上がり、ユニシスペアにはやや硬さが見られ、競り合いながらも、常に相手にリードを許す展開で進みますが、固いレシーブから連続ポイントを挙げると、終盤の相手の反撃を抑えて、16本でゲームを先取。

栗原文音・篠谷菜留組
栗原文音・篠谷菜留組

第2ゲームも相手の粘りのラリーに手を焼き、リードは二転三転。
14−12から15−17と逆転されますが、ここで踏ん張って追いつき、19オールから篠谷選手のスマッシュでマッチポイントをつかむと、最後は相手のミスを誘い、逃げ切り2-0で試合終了。

日本ユニシス中部支社の応援団
日本ユニシス中部支社の応援団

単  奥原 希望 2 - 0 橋詰 有紗

続くシングルスはこのところ好調の奥原希望選手が登場。

立ち上がりから多彩な攻めで相手を圧倒し、13−1とリード。攻めの姿勢を崩さず再び引き離し、21−12で第1ゲームを先取。

第2ゲームも9−1とリードし、相手も必死の粘りで終盤に追い上げを見せますが、最後は巧みなクロスカットで試合を決め、11本で勝利をつかみました。

奥原希望
奥原希望

第2複 高橋 礼華・松友 美佐紀  2 - 0 程 文欣・田崎 亜由美

第2ダブルスではアジア大会銀メダルの高橋礼華・松友美佐紀組が、2011年世界選手権3位の程(中華台北)と田崎組と対戦。

程選手の巧みなネットプレーで始まりますが、高橋選手の強打で反撃。6−6から高橋・松友組の強打でリードを奪い、固いレシーブで相手の攻撃を封じてポイントを重ね11本で第1ゲームを先取。

第2ゲームは、ややミスもあって中盤まで競り合いますが、インターバル明けから積極的に打ってリードすると、最後は松友選手が前衛からスマッシュを決め、21−15で勝利。

高橋礼華・松友美佐紀組
高橋礼華・松友美佐紀組

この日も1ゲームも落とさずに勝ち点3として、首位を堅持。
次の第4戦は11月3日(月・祝)に北海道札幌市 北海道立総合体育センター
・北海きたえーるにてヨネックスと対戦します。

引き続き、皆様のご声援をお願いします。

日本ユニシス女子チーム
日本ユニシス女子チーム

▲ページTOPに戻る

【9月14日 : 第2戦 vs 広島ガス 】    ・スコア

高岡大会2日目となる第2戦は、広島ガスとの対戦。

第1複  栗原 文音・篠谷 菜留 2 - 0 小池 温子・桜井 みどり

第1ダブルスはこの日も栗原文音・篠谷菜留組が、昨年も対戦した小池・桜井組との戦い。

序盤に栗原選手の強打などでリズムをつかんでリードすると、後半も確実なレシーブでラリーを重ね、相手のミスも誘い12本で先取。

第2ゲームもペースを崩さず着実にポイント重ね、最後は篠谷選手のスマッシュを相手がはじき13本で快勝。チームに勢いをつけます。

栗原文音・篠谷菜留組
栗原文音・篠谷菜留組

単  奥原 希望 2 - 0 武田 陽子

シングルスには、奥原希望選手が登場。

前週ベトナムオープンで優勝した勢いを持続し、立ち上がりから落ち着いて正確な球さばきを見せ、相手の体制を崩してリード。
最後はネット際に落とされた球にバックハンドで追いつきざま詰めて来た相手の逆へクロスで返すスーパーショットで会場を沸かせ、10本で先取。

奥原希望
奥原希望

第2ゲームも相手を振り回し、最後はヘア ピンでミスを誘い、9本で圧勝。

膝の負傷を克服し、内定選手だった2012年以来、約2年ぶりとなる日本リーグシングルスの出場で、自身のシングルス初勝利を挙げました。

奥原希望
奥原希望

第2複 高橋 礼華・松友 美佐紀  2 - 0 奥井 智菜美・平井 亜紀

第2ダブルスは、高橋礼華・松友美佐紀組。

相手のレシーブが良く、女子ダブルス特有の長いラリーが続きますが、我慢強く打ち切って、ゲームを先取。


高橋礼華 松友美佐紀
高橋礼華 松友美佐紀

第2ゲームは中盤まで競り合いますが、9-8から7連続ポイントで流れを作ると、最後は高橋選手の強烈なスマッシュに、相手のリターンがサイドを割って15本で勝利。

女子チームは、この日も1ゲームも失わない完勝で高岡大会を終えました。

チームの祝福を受ける高橋礼華 チームの祝福を受ける松友美佐紀
チームの祝福を受ける高橋礼華・松友美佐紀組

第3戦は、10/4(日)愛知県大府市民体育館での岐阜トリッキーパンダース戦。

今年も男女アベック優勝目指して戦いますので、どうぞ応援よろしくお願いいたします。

チームの祝福を受ける松友美佐紀
日本ユニシス女子チーム

▲ページTOPに戻る

【9月13日 : 第1戦 vs 七十七銀行 】    ・スコア

昨年、二年ぶり3度目の優勝を果たした日本ユニシス女子チーム。
2014年最初の試合は七十七銀行戦。

日本リーグ開幕2連勝の日本ユニシス女子チーム
日本ユニシス女子チーム

第1複  栗原文音・篠谷菜留 2 - 0 牧野 美咲・金浦 紗樹

第1ダブルスには昨年のMVP栗原文音・篠谷菜留組のペアが登場。

栗原文音・篠谷菜留組
栗原文音・篠谷菜留組

立ち上がりはリードを許し中盤まで競り合いとなりますが、次第に落ち着きを取り戻すと、シャトルを大きく動かして相手のミスを誘います。

途中、相手サービスのフォルトの判定を巡って長い中断がありましたが、ペースを崩さずに15本で先取。

栗原文音
栗原文音

第2ゲームもその流れを失わずにラリーを重ね、余裕を持った試合運びから12本で奪い、幸先の良い勝利をつかみました。

篠谷菜留
篠谷菜留

単  高橋 沙也加 2 - 0 北 はるな

続くシングルスは、昨年の殊勲選手賞高橋沙也加選手が登場。

立ち上がりから相手を圧倒。前後に揺さぶり、機を見て鋭いスマッシュを決めて次々にポイントを奪い第1ゲームは8本で先取。

高橋沙也加
高橋沙也加

第2ゲームも多彩な攻めで相手に付け入る隙を与えず、 9本に抑え込む完勝。
早くもチームの勝利を決めました。

日本ユニシス応援団
日本ユニシス応援団

第2複  高橋 礼華・松友 美佐紀  2 - 0 大森 舞・河崎 綾佳

最後の第2ダブルスは高橋礼華・松友美佐紀組のエースペアの出番。

高橋礼華・松友美佐紀組
高橋礼華・松友美佐紀組

確実なプレイでラリーを重ね、着実にポイントを挙げ14本でゲームを先取。

第2ゲームは相手の必死の粘りで中盤追い上げられますが、落ち着いてさばき16本でのストレート勝ち。

大会初日、3-0で好スタートを切り ました。

栗原文音、高橋沙也加、平山優コーチ
栗原文音、高橋沙也加、平山優コーチ

▲ページTOPに戻る
【対戦結果】

日本ユニシス
3-0 ヨネックス
第1複 高橋 礼華
松友 美佐紀
2 14-21
21-15
21-10
1 内藤 真美
土井 杏奈
高橋 沙也加 2 14-21
21-19
21-8
1 鈴木 温子
第2複 栗原 文音
篠谷 菜留
2 21-13
21-11
0 板垣 有紀
櫻本 絢子

日本ユニシス
3-0 岐阜トリッキーパンダース
第1複 栗原 文音
篠谷 菜留
2 21-16
21-19
0 江藤 理恵
松田 蒼
奥原 希望 2 21-12
21-11
0 橋詰 有紗
第2複 高橋 礼華
松友 美佐紀
2 21-11
21-15
0 程 文欣
田崎 亜由美

日本ユニシス
3-0 広島ガス
第1複 栗原 文音
篠谷 菜留
2 21-12
21-13
0 小池 温子
桜井 みどり
奥原 希望 2 21-10
21-9
0 武田 陽子
第2複 高橋 礼華
松友 美佐紀
2 21-8
21-15
0 奥井 智菜美
平井 亜紀

日本ユニシス
3-0 七十七銀行
第1複 栗原 文音
篠谷 菜留
2 21-15
21-12
0 牧野 美咲
金浦 紗樹
高橋 沙也加 2 21-8
21-9
0 北 はるな
第2複 高橋 礼華
松友 美佐紀
2 21-14
21-16
0 大森 舞
河崎 綾佳


▲ページTOPに戻る

トピックスバックナンバー

* 関連リンク
・男子チーム試合結果
・バドミントン日本リーグオフィシャルサイト
TOP