JP/EN

 

Foresight in sight

株主・投資家情報

日本ユニシスは何をしている会社?

日本ユニシスグループの変遷と価値創造の歩み

システムインテグレーターからプラットフォーム提供企業へ

創業60年の歴史のなかで、日本ユニシスグループはシステムインテグレーターとして、日本のICT発展を支えてきました。
そして、今、当社グループはさらなる進化を遂げています。社会からの要請を受け価値を提供するだけでなく、社会変化を先読みし、社会課題の解決に貢献するプラットフォーム提供企業へと変革を進めています。
*画像をクリックして拡大表示

価値創造プロセス

社会課題を解決するビジネスエコシステムを創るプラットフォーム提供企業として、当社グループならではの価値創造ドライバーや基盤を活かすことで、価値創造プロセスを築き上げています。

2018年度よりスタートした中期経営計画「Foresight in sight 2020」の実行を通じ、価値創造プロセスをより盤石なものへと進化させ、持続的成長を目指します。
*画像をクリックして拡大表示

価値創造ドライバー

日本ユニシスグループならではの強みを活かし、新たなサービスを創造
当社グループの価値創造につながる「4つの強み」は、創業から60年にわたり、システム構築・サービス開発に関する多様なニーズにお応えするなかで培ってきたものです。私たちはこれらの強みを活かし融合することで、社会課題の解決に寄与する新たなサービスを創造しています。

今まで世の中になかったサービスを次々と生み出していくなかで、「お客様」「利用者」「サービス」「ベンダー」など多様なステークホルダーをつなぎ、ビジネスエコシステムの創造を促す中核的な役割を果たしていけると考えています。