ソリューション&コンサルティングの日本ユニシス

平成19年6月12日

連結業績予想の修正に関するお知らせ


本文

平成19年5月8日の決算発表時に公表した平成20年3月期(平成19年4月1日〜平成20年3月31日)の中間期、および通期連結業績予想を下記のとおり修正します。


  1. 平成20年3月期中間連結業績予想数値の修正(平成19年4月1日〜平成19年9月30日)
    (単位:百万円、%)

    売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
    前回発表予想(A)
    (平成19年5月8日発表)
    136,000 4,000 3,800 2,000
    今回修正予想(B) 155,700 2,700 2,400 1,000
    増減額(B−A) 19,700 △ 1,300 △ 1,400 △ 1,000
    増減率(%) 14.5 △ 32.5 △ 36.8 △ 50.0
    (ご参考)
    前期(平成19年3月期中間期)実績
    136,526 795 1,116 574


  2. 平成20年3月期通期連結業績予想数値の修正(平成19年4月1日〜平成20年3月31日)
    (単位:百万円、%)

    売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
    前回発表予想(A)
    (平成19年5月8日発表)
    318,000 19,000 18,500 10,000
    今回修正予想(B) 366,800 19,400 18,700 10,000
    増減額(B−A) 48,800 400 200 0
    増減率(%) 15.3 2.1 1.1 0.0
    (ご参考)
    前期(平成19年3月期)実績
    307,455 6,278 6,646 3,433


  3. 理由

     株式公開買付けにより、新規連結子会社となった株式会社ネットマークスおよびその連結対象会社の業績見込みを織込んだことに伴い、売上高および営業利益、経常利益、当期純利益の各項目に関し修正いたします。
     なお、連結決算上のみなし取得日は、平成19年4月1日としております。
     また、株式公開買付けにより生じたのれんにつきましては、該社より平成19年6月4日公表の「過年度決算及び平成19年3月期決算内容の疑義に関するお知らせ」に記載しております利益修正見込額の最大値10億13百万円が減額修正されることを前提に算出しており、のれんの額は93億円と見込んでおります。これを20年で償却いたしますので、当期ののれん償却額は中間期2.3億円、通期4.7億円であり、上記の修正予想額に織り込んでおります。今後該社の平成19年3月期決算数値が確定次第、あらためてのれんおよび当社連結業績見込みについて公表いたします。

  4. 個別業績予想について

     平成19年5月8日の決算発表時に公表した平成20年3月期(平成19年4月1日〜平成20年3月31日)の中間期、および通期の個別業績予想につきましては、変更ありません。


    上記の業績予想は、現時点での入手可能な情報による判断に基づき算定しており、不確定要素の変動により、実際の業績は、本資料における見通しと異なる可能性があることをご承知おきください。


以上


注釈/リンク

[ Back ]