ソリューション&コンサルティングの日本ユニシス

平成19年11月5日

平成20年3月期通期業績予想の修正に関するお知らせ


本文

 最近の業績の動向等を踏まえ、平成19年5月8日の決算発表時に公表した平成20年3月期(平成19年4月1日〜平成20年3月31日)の通期個別業績予想及び平成19年8月21日の第1四半期決算発表時に公表した平成20年3月期の通期連結業績予想を下記のとおり修正します。


  1. 平成20年3月期通期連結業績予想数値の修正(平成19年4月1日 〜 平成20年3月31日)
    (単位:百万円、%)

    売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
    前回発表予想(A)
    (平成19年 8月21日 発表)
    366,800 19,400 18,700 10,000
    今回修正予想(B) 366,800 19,400 18,700 3,300
    増減額(B−A) 0 0 0 △6,700
    増減率(%) 0.0 0.0 0.0 △67.0
    (ご参考)
    前期(平成19年3月期)実績
    307,455 6,278 6,646 3,433


  2. 平成20年3月期通期個別業績予想数値の修正(平成19年4月1日 〜 平成20年3月31日)
    (単位:百万円、%)

    売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
    前回発表予想(A)
    (平成19年 5月8日 発表)
    244,000 11,600 14,700 9,400
    今回修正予想(B) 244,000 11,600 14,700 5,900
    増減額(B−A) 0 0 0 △3,500
    増減率(%) 0.0 0.0 0.0 △37.2
    (ご参考)
    前期(平成19年3月期)実績
    241,133 308 5,040 3,603


  3. 理由
    (1)  連結通期業績見通しについて
     当期の売上高、営業利益、経常利益につきましては、概ね見通しどおりに推移しておりますが、当期純利益につきましては、当社連結子会社であります(株)ネットマークスの株式について、時価が著しく下落したことにより個別決算上減損処理を行うことに伴い、同社に係わる「のれん償却額」67億円を特別損失に計上することを見込み、前回発表予想100億円から67億円下回る33億円に業績予想を修正いたします。
     この「のれん償却額」は、期末のネットマークス社株式時価が9月末の株式時価と同額であることを前提に、同社期末純資産の状況を勘案し、来期以降償却すべきのれん残高を計算した結果に基づき算定しております。
     なお、同社に係わる当期末のれん未償却残高は当初想定の94億円より67億円減少の27億円となる見込みであります。

    (2)  個別通期業績見通しについて
     当期の売上高、営業利益、経常利益につきましては、連結と同様に概ね見通しどおりに推移しておりますが、当期純利益につきましては、上記ネットマークス社株式の期末時価が9月末の株式時価と同額であることを前提に、「関係会社株式評価損」62億円を特別損失に計上することによる影響等を見込み、前回発表予想94億円から35億円下回る59億円に業績予想を修正いたします。

    上記の業績予想は、現時点での入手可能な情報による判断に基づき算定しており、不確定要素の変動により、実際の業績は、本資料における見通しと異なる可能性があることをご承知おきください。

以上


注釈/リンク

[ Back ]