ソリューション&コンサルティングの日本ユニシス

2008年9月3日

千葉県柏市柏の葉地域で、驚きと感動の新しい健康づくりプロジェクト
「柏カラダすっきりプロジェクト」が始動

〜 異業種企業が連携して、地域活性化を実現 〜


本文

 日本ユニシス株式会社(以下 日本ユニシス)、グンゼ株式会社(以下 グンゼ)、順風路株式会社(以下 順風路)、株式会社健康サポートネットワーク(以下 健康サポートネットワーク)は、地域の健康づくりのモデルとして、千葉県柏市柏の葉地域の住民を対象とした『柏の葉 カラダすっきりプロジェクト』を9月中旬から開始します。

 本プロジェクトは、異業種企業が連携して、地域住民の健康への取り組みと継続の動機付けを効果的な手段で提供することにあります。個人が自主的に楽しみながら継続的に健康増進を図ることで、地域や個人の医療費削減へとつなげ、地域活性化の実現を目指すものです。

 2008年9月から実行される本プロジェクトの内容は、以下のとおりです。

■グンゼが、日本ユニシス提供の3D体形スキャナで個人の体形を計測・自動サイズ測定した情報をもとに、オーダーメイドで現在研究開発中の新商品「パワータイツ(仮称)」を男女100名の住民モニターに提供、数カ月間の着用後に効果測定を行います。

■日本ユニシスは、本年度内に、住民モニターに複数回の3D体形測定を実施し、個人の「将来体形シミュレーション」や「目標体形の生成」、「他者からの体形印象評価」や「年代別の平均的な体形比較」など、地域住民が自ら継続的に健康増進に取り組めるよう動機付けの情報を提供します。

■千葉県柏市柏の葉地域では、公民学連携の国際学術研究都市づくり構想のもと、健康サポートネットワークを中心として地域企業・研究機関・医療機関・自治体が連携して地域の健康づくり活動を進めており、その健康情報基盤の開発を順風路が担っています。なお本プロジェクトは、柏の葉地域の開発に関わる三井不動産株式会社の協力により実施いたします。

 本プロジェクトによる検証を踏まえ、地域活性化事業に注力する日本ユニシスは、今後健康増進に取り組む地域・企業だけでなく、衣料・運動器具・食品メーカー、携帯事業者、小売業やバーチャルフィッティング分野との提携も視野に入れ、幅広い業界での3D体形データ活用・流通の枠組みの提供を目指します。
 グンゼは、今後健康づくりに取り組むお客様に対し、健康の維持・増進、生活習慣病予防に貢献するより良いウェアの提供を目指します。
 地域を重視し事業展開する順風路は、国際学術研究都市づくり構想においては健康情報基盤事業だけではなく、サスティナブルな移動交通システムとして東京大学とともにオンデマンドバスシステムの開発・運営を行うなど健康で高品質な都市づくりに貢献していきます。

 本プロジェクトにて各社が提供する内容は、以下のとおりです。

■日本ユニシスが提供する「3D体形シミュレーションサービス(仮称)」

将来理想/目標体形シミュレーション イメージ

将来理想/目標体形シミュレーション イメージ

■グンゼが提供する健康増進タイツ「パワータイツ(仮称)」

  • 健康増進を目的とした研究開発中の商品「パワータイツ(仮称)」を、本プロジェクト参加者の体形データからモニターごとにオーダーメイドにて製作、無償で提供を行う。

  • 「パワータイツ(仮称)」を参加者に数ヶ月間着用して頂き、データ収集、効果の検証を行う。

  • 本プロジェクトに参加いただく方へは、健康づくりへの意欲を維持、向上できるよう安静時基礎代謝量や体脂肪率等の生理的データを複数回測定し、参加者にその結果の提供を行う。
 
〔プログラム参加者へ提供するパワータイツ〕着用者の健康増進を目的にグンゼが研究開発を行っているタイツです。
主として運動(エクササイズ)時に着用することで、下肢の筋肉への負荷を増加させることによって効率よく鍛えられ代謝が向上し、健康づくりへの貢献が期待できるよう設計されたタイツです。

■順風路が提供する健康情報基盤システムとの連携システム

■健康サポートネットワークが運営を支援

●ニュースリリース各社の本社所在地並びに代表者名
  日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:籾井 勝人)
  グンゼ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:平田  弘)
  順風路株式会社(本社:東京都北区、代表取締役社長:吉富 広三)
  株式会社健康サポートネットワーク(本社:千葉県千葉市、代表取締役:中島 伸之)

以上


注釈/リンク

[ Back ]