JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

2001年4月25日

業績予想の修正に関するお知らせ

最近の業績の動向等を踏まえ、平成12年11月13日の中間決算発表時に公表した業績予想を下記のとおり修正します。

1.13年3月期連結通期業績予想数値の修正(平成12年4月1日〜平成13年3月31日)

(単位:百万円、%)

 

売上高

営業利益

経常利益

当期純利益

前回発表予想(A)
(平成121113日発表)

312,000

7,700

9,800

5,000

今回修正予想(B)

312,200

6,400

9,400

4,900

増減額(B−A)

200

△1,300

△400

△100

増 減 率

0.1%

△16.9%

△4.1%

△2.0%

前期(平成123月期)実績

311,318

18,642

19,373

3,605


2.13年3月期通期業績予想数値の修正(平成12年4月1日〜平成13年3月31日)

(単位:百万円、%)

 

売上高

営業利益

経常利益

当期純利益

前回発表予想(A)
(平成121113日発表)

290,000

4,800

7,000

3,900

今回修正予想(B)

284,900

2,300

5,700

3,000

増減額(B−A)

△5,100

△2,500

△1,300

△900

増 減 率

△1.8%

△52.1%

△18.6%

△23.1%

前期(平成123月期)実績

292,506

14,814

15,932

2,021


3.理由

当期の業績につきましては、地域金融機関などにおけるメインフレームの更新を中心としたハードウェアの需要回復が滞り、単体ベースの売上高は予想を若干下回る見込みとなりましたが、連結ベースではユニアデックス(株)など連結子会社の売上が堅調に推移したことから、ほぼ予想通りの売上を達成できる見込みです。
 一方、利益面におきましては、サービス等採算の改善や一層のコスト削減を実施いたしましたが、ハードウェアの売上高減少等に伴う利益減少を吸収しきれず、単体、連結とも営業利益は予想を下回る見込みです。なお、経常利益、当期純利益は保有株式の継続的見直しによる売却益があったことなどから、減少幅は小幅にとどまる見込みです。

以 上

[Back]