JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

2002年5月7日

日本ユニシス
米スタンフォード大学と「第2回e-Japanフォーラム」を共同開催

〜 フィンランド政府高官、三重県知事らを迎え、ITを活用した地域経済活性化を討論 〜

 日本ユニシス株式会社(社長=島田精一 東京都江東区豊洲1-1-1、以下日本ユニシス)と米国スタンフォード大学は、来る5月27日(月)電子自治体そして地域のIT化における地方行政と民間の役割について考える「第2回e-Japanフォーラム」を開催します。当日は、世界トップクラスのIT先進国といわれるフィンランドの政府高官、北川正恭 三重県知事、須藤修 東京大学教授、ハンス・ビヨルンソン 米スタンフォード大学教授らを招き、現在ITについて取り組まれている、またこれから取り組むべき施策や今後の課題と解決策について意見交換を行います。

 本フォーラムでは、第1回目に引き続き「e-Japan戦略」を機としたIT化施策が、行政主導による莫大な費用を投じた単なるインフラの構築や行政内部の電子化に終わることなく、本来の目的である地域経済の活性化、地域住民へのサービス向上、そして行政と民間企業が連携した施策を展開することの重要性を提唱します。

 第2回目の開催となる今回は、基調講演でフィンランドの元国務大臣で政府情報化社会顧問委員会委員長を務め、現在はフィンランド議会議員であるヨウニ・バックマン氏と、フィンランド財務省公共管理局CIO(Chief Information Officer:最高情報責任者)兼フィンランド政府情報化社会顧問委員会事務局長であるオラヴィ・コンガス氏に、「フィンランドは90年代の経済危機をいかにして克服し、世界のIT先進国そして世界No.1の競争力を持つ国として生まれ変わったのか」について、そのコンセプト、手法等を紹介していただきます。

 また、北川正恭 三重県知事、須藤修 東京大学教授らをパネラーに迎え、「今後の行政サービスの電子化による住民サービスの向上」「地域活性化に繋げるための施策」をテーマにしたパネルディスカッションも予定しています。「e-Japan戦略」において重点政策とされている電子政府・電子自治体の実現について、世界的に見ると日本は先進国諸国の最後尾に位置しているとの見方があります。今後の電子自治体を構築する上での課題を浮き彫りにし、「地域のIT化」に焦点を当て討論します。

 日本ユニシスは米スタンフォード大学と、EC市場、教育分野や建設分野など、従来から様々な分野で共同研究をしています。e-Japanの分野においては『官民協働』を基本コンセプトに、ASPの共同利用、PPP(Public Private Partnership)の推進を提唱しています。行政と住民、民間企業を横断する官民協働型のワンストップサービスの実現やITを活用した人材育成、産業育成、雇用創出を含めた地域づくりの支援を行っています。
 今回、その共同研究の成果として、本フォーラムにおいて官民協働ソリューションモデルの例、および本年6月に発表予定の行政、民間企業そして住民が相互に参加できるコミュニティ型「地域ASP実証実験センター(仮称)」についてご紹介します。

<フィンランド共和国>
 北欧の一国であるフィンランドは日本の90%の国土を持ち、人口はおよそ520万人。南フィンランド州、西フィンランド州、東フィンランド州、オウル州、ラップランド州の5州とオーランド自治州、452の自治体で構成される。
 国民の72.5%が携帯電話を持ち、インターネットと接続したコンピューター保有数は1,000人に148台の割合となっており、世界で最も多い (2000年8月現在)。コンピューターOSであるLINUXはヘルシンキ大学の学生であったリーヌス・トゥルバルズが開発する。eガバメントのアプリケーションとeデモクラシーの推進についても世界トップと評されるIT先進国。ダボス会議を主催する世界経済フォーラム(WEF、本部ジュネーブ)の調査でも国・地域別の競争力、潜在成長力ともに1位にランクされる。
 また、ITを利用した遠隔医療や在宅介護支援などの研究開発を目的とした国家プロジェクト(フィンランド健康福祉プロジェクト)の開発においては仙台市と提携し、共同で仙台市内に高齢者福祉サービスと産業支援のための複合施設、フィンランド健康福祉センター(仮称)の建設を計画している。

<スタンフォード大学>
 1891年に設立されたカリフォルニア州にある名門私立大学。シリコンバレーの中心に位置し、自立した学生を育て、産学一体の校風は、Sun Micro Systemsを初めとする多くのベンチャ企業を育て、eビジネスの代名詞となっている。USNews.COMの大学院の政治学分野では、全米第2位にランクされる。


[Back]