メニューへ移動  本文へ移動 日本ユニシス株式会社

プリント用

当社参事 大高 晢彦(おおたか あきひこ)
「工業標準化事業功労者経済産業大臣表彰」を受ける


 平成15年10月14日、当社自動車産業役員付参事 大高 晢彦(おおたか あきひこ)が、経済産業省から「工業標準化事業功労者経済産業大臣表彰」を授与されました。

 大高は、国際的な規格策定組織である国際標準化機構(ISO)の「TC184 / SC4(*注1)」に参加し、これまでに多くの規格(*注2)の策定に携わっています。本年6月からは「SC4」の国内対策委員会委員長としてこの分野の国内意見の取りまとめを統括するとともに、ISOにおける日本のリーダも務めています。今回の表彰は、これらの長年に渡る国際規格開発活動を通じ、日本の立場を高めたことが評価されたものです。


以上


*注1
TC(技術委員会)184:産業オートメーションシステムおよびインテグレーション (Industrial automation systems and integration)
SC(分科委員会)4:生産データ(Industrial data)
*注2:主となり策定した規格は以下のとおり
 
  1. ISO/IS 10303-105: Industrial automation systems and integration-
    Product data representation and exchange-
    Part 105: Integrated application resource: Kinematics
    (大阪府立大杉村教授, ドイツKFK: Dr.Ludwigとの共同開発, )
  2. ISO/IS 10303-108: Industrial automation systems and integration-
    Product data representation and exchange-
    Part 108: Integrated application resource: Parametrization and constraints for explicit
    geometric product models
    (英国Mike. Pratt教授との共同開発)
  3. ISO/DIS 10303-55: Industrial automation systems and integration-
    Product data representation and exchange-
    Part 55: Integrated generic resource: Procedural and hybrid representation
    (英国Mike. Pratt教授との共同開発)
  4. ISO/DIS 10303-109: Industrial automation systems and integration-
    Product data representation and exchange-
    Part 109: Integrated application resource: Kinematic and geometric constraints for assembly models
    (大阪府立大杉村教授との共同開発)
  5. ISO/DTS 10303-1101: Industrial automation systems and integration-
    Product data representation and exchange-
    Part 1101: Application Module: Product property feature definition
    (大阪府立大杉村教授との共同開発)
  6. ISO/DTS 10303-1102: Industrial automation systems and integration-
    Product data representation and exchange-
    Part 1101: Application Module: Assembly feature definition



[Back]