JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

2008年4月18日

業績予想の修正に関するお知らせ

 最近の業績の動向等を踏まえ、平成20年1月31日の第3四半期決算発表時に公表した平成20年3月期の連結業績予想および平成19年11月5日の中間決算発表時に公表した平成20年3月期(平成19年4月1日〜平成20年3月31日)の個別業績予想を下記のとおり修正します。


  1. 平成20年3月期連結業績予想数値の修正(平成19年4月1日〜平成20年3月31日)
    (単位:百万円、%)

    売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
    前回発表予想(A)
    (平成20年1月31日 発表)
    356,800 19,400 18,700 3,300
    今回修正予想(B) 337,700 19,500 19,100 2,500
    増減額(B−A) △19,100 100 400 △800
    増減率(%) △5.4 0.5 2.1 △24.2
    (ご参考)
    前期(平成19年3月期)実績
    307,455 6,278 6,646 3,433


  2. 平成20年3月期個別業績予想数値の修正(平成19年4月1日〜平成20年3月31日)
    (単位:百万円、%)

    売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
    前回発表予想(A)
    (平成19年11月5日 発表)
    244,000 11,600 14,700 5,900
    今回修正予想(B) 227,000 10,400 13,600 3,000
    増減額(B−A) △17,000 △1,200 △1,100 △2,900
    増減率(%) △7.0 △10.3 △7.5 △49.2
    (ご参考)
    前期(平成19年3月期)実績
    241,133 308 5,040 3,603


  3. 理由
    (1)  連結業績見込みについて
     当期の売上高につきましては、前期より引き続き、採算重視の案件絞り込みを行ったことの影響等により、前回発表予想を191億円下回る3,377億円(前期比9.8%増)となる見込みであります。
      利益面につきましては、売上高減少による利益減少があったものの、利益率の改善や経費の圧縮および連結子会社の業績改善により営業利益は前回発表予想を1億円上回る195億円(前期比210.6%増)、経常利益は前回予想を4億円上回る191億円(前期比187.4%増)となる見込みであります。当期純利益につきましては、4月1日公表の「平成20年3月期の特別損失の計上に関するお知らせ」のとおり、当社連結子会社であります(株)ネットマークスに係わるのれんに対し、特別損失に「のれん償却額」を81億円計上したことにより、前回発表予想を8億円下回る25億円(前期比27.2%減)となる見込みであります。
      なお、(株)ネットマークスに係わる当期末のれん未償却残高は、97億円より81億円減少の16億円となる見込みであります。

    (2)  個別業績見込みについて
     当期の売上高につきましては、上記と同様の理由により前回発表予想を170億円下回る2,270億円(前期比5.9%減)となる見込みであります。
      利益面につきましては、営業利益は前回発表を12億円下回る104億円(前期は3億8百万円)、経常利益は前回予想を11億円下回る136億円(前期比169.8%増)となる見込みであります。当期純利益につきましては、4月1日公表の「平成20年3月期の特別損失の計上に関するお知らせ」のとおり、特別損失に「関係会社株式評価損」を82億円計上したことにより、前回発表予想を29億円下回る30億円(前期比16.7%減)となる見込みであります。

    上記の業績予想は、現時点での入手可能な情報による判断に基づき算定しており、不確定要素の変動により、実際の業績は、本資料における見通しと異なる可能性があることをご承知おきください。

以上


注釈/リンク

[Back]