メニューへ移動  本文へ移動 日本ユニシス株式会社

2010年4月5日  

日本ユニシス
BtoCビジネスの経営層向けにマーケティング戦略を評価・分析する
リスト診断システム「ListDiag. ®」を販売開始
〜 新しい手法で顧客視点のマーケティング戦略立案を支援。サービス型でも提供 〜


本文

   日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、社長:籾井 勝人、以下 日本ユニシス)は、通信販売、ネット販売、店舗小売、旅行業などBtoCビジネスの経営層向けに、現状のマーケティング戦略を診断、評価、分析し、より効果的なマーケティング戦略の立案を支援するリスト診断システム「ListDiag.(リストダイアグ)」を本日から販売開始します。

   日本ユニシスは1980年代後半よりダイレクトマーケティングを中心としたBtoCビジネス向けのソリューションを、時代の要請に合わせて開発し、多くの企業へ提供しています。
   近年、SNS、ブログ、Twitter(注)など消費者発信型メディアの広がりや、メーカー、既存小売業などの新規参入によりBtoC市場が着実に拡大する一方、消費者の節約志向や商品選別意識が高まる中で、当社は、これまで培った顧客分析、データマイニング、受注予測などの技術、ノウハウと、パイロットユーザー企業における検証結果を元に、BtoCビジネスを支援する新たな情報系ソリューションとして、リスト診断システム「ListDiag.」を開発しました。

   BtoCビジネスでは、売上や商品のみを注視するあまり、正しい顧客視点のマーケティング戦略を見失いがちです。
   リスト診断システム「ListDiag.」は、これまでにない顧客管理の指標と方針を提供することで、マーケティングが正しく行われているかを診断、評価、分析し、より効果的な顧客視点のマーケティング戦略立案を支援します。

   「ListDiag.」の主な特長は、以下のとおりです。

  1. 新しい顧客管理方法と体系の提供 
    顧客管理の要は「顧客数の推移」を注視することです。顧客数の減少は売上減少よりも早く起こります。「ListDiag.」では売上を見る前に顧客の数を監視し、顧客管理の評価指標として、
    (1)主要業績指標(KPI):稼働顧客数、(2)主要リスク指標(KRI):稼働顧客数増減数の2つの指標を提供することで、正しいマーケティング戦略の立案や的確な経営判断を支援します。

  2. 一目でわかる新しいインターフェースの提供 
    顧客状況を「危険」、「警告」、「注意」、「予兆」、「良好」の5段階にランク付けし、直感的にわかるように色分けして表示します。例えば「危険(顧客数が長期減少)」は赤で表示するなど重要情報が可視化され、一目で問題の発生を発見できます。

  3. サービス型での利用が可能 
    ソリューションとしての提供(ライセンス型)に加えて、システム導入や運用の手間なく、利用可能なサービス型での提供も行います。顧客管理データをお預かりし、日本ユニシスのデータセンターで分析処理を行い、分析結果データを提供します。

■「ListDiag.」のサービス型での提供イメージ

※MaaS:Marketing Analysis as a Service                     

■「ListDiag.」の主要な機能

  1. 「監視」機能 
    顧客数の監視を行う機能です。
    顧客視点のマーケティング戦略立案に向けた経営指標である「稼働顧客数」と「稼働顧客数増減数」をもとに、「リスト診断(本日の顧客数)」、「未来診断(将来の顧客数)」、「時系列診断(過去の推移)」、「カレンダー診断(日々、月々の変化)」の4つの診断メニューを提供します。

  2. 「分析」機能 
    顧客数減少の原因を分析する機能です。
    顧客視点のマーケティング戦略における問題点の原因を究明するために、「顧客増減」、「新規獲得媒体」、「顧客維持」、「訴求」、「購買状況」の5つの要因分析メニューを提供します。

  3. 「予測」機能 
    将来の顧客数を予測する機能です。
    複数のケースとシナリオをもとに、例えば「1年後の稼働顧客数は何人か」、「売上維持のためには何人の新規顧客獲得が必要か」などの年次シミュレーションメニューを提供します。

   日本ユニシスは今後、「ListDiag.」を通信販売、ネット通販、店舗小売業を中心に展開し、4年間で約100社、約10億円の売上を目指します。

以上

注:SNS、ブログ、Twitter
SNS(Social Networking Service)とは、人と人とのつながりを促進・サポートする、コミュニティ型の会員制のサービス、サービスを提供するWebサイトのこと。ブログ(blog)とは、興味のある事柄に関して個人の意見や解説などを日記に近い形式で公開するWebサイトのこと。Twitter(ツイッター)とは、Twitterサイトに140字以内のコメント("つぶやき")を投稿、共有するコミュニケーション・サービスのこと。

注釈/リンク

[Back]