JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

2013年12月9日

日本ユニシス実業団バドミントン部
「平成25年度 第67回 全日本総合バドミントン選手権大会」でダブルス3種目制覇

日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、社長:黒川 茂、以下 日本ユニシス)実業団バドミントン部(注1)は「平成25年度 第67回 全日本総合バドミントン選手権大会(以下、全日本総合)」において、男子ダブルス、女子ダブルス、混合ダブルスの3種目を制覇しました。

日本最高峰の大会である全日本総合で、男子ダブルス 早川賢一・遠藤大由組がニ連覇、女子ダブルス 高橋礼華・松友美佐紀組が三連覇を達成しました。
また、早川賢一・松友美佐紀組が初出場した混合ダブルスでも初優勝を果たし、ダブルス種目でそれぞれ二冠に輝きました。

現在、男子ダブルス 早川・遠藤組と女子ダブルス 高橋・松友組は、ともに世界ランキング4位(注2)で、2016年リオデジャネイロオリンピックへの出場とメダル獲得を目指しています。

今後、早川・遠藤組、高橋・松友組は、12月11日よりマレーシア・クアラルンプールにて開幕するスーパーシリーズランキング上位者のみが出場できる大会「BWFスーパーシリーズファイナルズ2013」(注3)に出場し、表彰台を目指します。

以上


早川 賢一、遠藤 大由ペア

男子ダブルス二連覇達成の
早川 賢一・遠藤 大由組

高橋 礼華、松友 美佐紀ペア

女子ダブルス三連覇達成の
高橋 礼華・松友 美佐紀組

早川 賢一、松友 美佐紀ペア

混合ダブルスで初優勝の
早川 賢一・松友 美佐紀組

早川賢一・遠藤大由組、高橋礼華・松友美佐紀組 コメント


早川 賢一
「男子ダブルスで二連覇でき、とても嬉しいです。また、混合ダブルスでも初優勝を果たすことができ、2種目制覇は自信に繋がりました。
今週は、今年最後の海外遠征となるスーパーシリーズファイナルなので、来年に繋がるようしっかり結果を残してきたいと思っています。これからもどうぞ応援よろしくお願いします」

遠藤 大由
「ニ連覇を達成することができ、多くの方々にサポートいただいたお陰と、とても感謝しています。
スーパーシリーズファイルでは、自信を持って強い気持ちで戦いたいと思います。
年末まで日本リーグの試合も続きますが、最後まで集中力を切らさずに自分たちのベストパフォーマンスを出していきたいと思います。どうぞ応援よろしくお願いします」

高橋 礼華
「今回は、三連覇がかかったプレッシャーのなか、沢山の苦しい場面を乗り越えて優勝という結果を残すことができ、とても嬉しく思います。スーパーシリーズファイナルのためにも、良い形で全日本総合を締めくくることができました。
しかし、この勝利はまだまだ通過点で、私たちの目標はリオデジャネイロオリンピックです。またこれから世界へ挑戦し、しっかり経験を積み、リオに繋げることができればと思っています。
大会期間中応援いただいた多くの方々にも感謝の気持ちでいっぱいです。これからも日々成長していけるよう頑張りますので、どうぞ応援よろしくお願いいたします」

松友 美佐紀
「今回の全日本総合は、気持ち的には、今までで一番苦しい大会だったと思いますが、そのなかで結果を残すことができ、自分たちの1年間の成長も感じられた大会だったと思います。
初出場した混合ダブルスでも優勝を果たすことができ、パートナーとサポートいただいた方々に本当に感謝しています。
スーパーシリーズファイナルでは、この1年間の自分たちの成長をしっかりぶつけてきたいと思います。
引き続き、どうぞ応援よろしくお願いいたします」

日本ユニシスチーム入賞結果


■男子シングルス

準優勝   上田 拓馬

■男子ダブルス

優勝     早川 賢一 ・ 遠藤 大由
第3位   垰畑 亮太 ・ 佐伯 祐行

■女子ダブルス

優勝    高橋 礼華 ・ 松友 美佐紀

■混合ダブルス

優勝    早川 賢一 ・ 松友 美佐紀
第3位   井上 拓斗 ・ 高橋 礼華

プロフィール

● 早川 賢一 (はやかわ けんいち)
早川 賢一
1986年4月5日(27歳)177cm/79kg
滋賀県出身 日本大学卒
2009年入社
2013
中国マスターズ 男子ダブルス 準優勝
全日本社会人選手権大会 混合ダブルス 優勝
全英オープン 男子ダブルス 準優勝
2012
スーパーシリーズファイナル 男子ダブルス 準優勝
全日本総合選手権大会 男子ダブルス 優勝
中国マスターズ 男子ダブルス 準優勝
USオープン 男子ダブルス 優勝
アジア選手権 男子ダブルス 準優勝
2011
全日本総合選手権大会 男子ダブルス 準優勝
インドネシアオープン 男子ダブルス 準優勝
2010
全日本総合選手権大会 男子ダブルス 第3位
デンマークオープン 男子ダブルス 第3位
全日本社会人選手権大会 男子ダブルス 優勝
オーストラリアオープン 男子ダブルス 優勝
男子ダブルス:世界ランキング4位・日本ランキング1位
混合ダブルス:世界ランキング20位・日本ランキング1位
● 遠藤 大由 (えんどう ひろゆき)
遠藤 大由
1986年12月16日(26歳)172cm/72kg
埼玉県出身 日本体育大学卒
2009年入社
2013
中国マスターズ 男子ダブルス 準優勝
全英オープン 男子ダブルス 準優勝
2012
スーパーシリーズファイナル 男子ダブルス 準優勝
全日本総合選手権大会 男子ダブルス 優勝
中国マスターズ 男子ダブルス 準優勝
USオープン 男子ダブルス 優勝
アジア選手権 男子ダブルス 準優勝
2011
全日本総合選手権大会 男子ダブルス 準優勝
インドネシアオープン 男子ダブルス 準優勝
2010
全日本総合選手権大会 男子ダブルス 第3位
デンマークオープン 男子ダブルス 第3位
全日本社会人選手権大会 男子ダブルス 優勝
オーストラリアオープン 男子ダブルス 優勝
男子ダブルス:世界ランキング4位・日本ランキング1位
● 高橋 礼華 (たかはし あやか)
高橋 礼華
1990年4月19日(23歳)164cm
奈良県出身 聖ウルスラ学院英智高校卒
2009年入社
2013
ヨネックスオープンジャパン 女子ダブルス 第3位
全日本社会人選手権大会 女子ダブルス 優勝
シンガポールオープン 女子ダブルス 準優勝
日本ランキングサーキット大会 混合ダブルス 優勝
マレーシアオープン 女子ダブルス 準優勝
2012
全日本総合選手権大会 女子ダブルス 優勝
デンマークオープン 女子ダブルス 準優勝
全日本社会人選手権大会 女子ダブルス 優勝
カナダオープン 女子ダブルス 優勝
USオープン 女子ダブルス 優勝
全日本社会人選手権大会 女子ダブルス 優勝
2011
全日本総合選手権大会 女子ダブルス 優勝
中国オープン 女子ダブルス ベスト8
デンマークオープン 女子ダブルス ベスト8
2010
全日本総合選手権大会 女子ダブルス 第3位
中国オープン 女子ダブルス ベスト8
全日本社会人選手権大会 女子ダブルス 優勝
女子ダブルス:世界ランキング4位・日本ランキング1位
● 松友 美佐紀 (まつとも みさき)
松友 美佐紀
1992年2月8日(21歳)158cm
徳島県出身 聖ウルスラ学院英智高校卒
2010年入社
2013
ヨネックスオープンジャパン 女子ダブルス 第3位
全日本社会人選手権大会 女子ダブルス 優勝、混合ダブルス 優勝
シンガポールオープン 女子ダブルス 準優勝
日本ランキングサーキット大会 混合ダブルス 優勝
マレーシアオープン 女子ダブルス 準優勝
2012
全日本総合選手権大会 女子ダブルス 優勝
デンマークオープン 女子ダブルス 準優勝
全日本社会人選手権大会 女子ダブルス 優勝
カナダオープン 女子ダブルス 優勝
USオープン 女子ダブルス 優勝
全日本社会人選手権大会 女子ダブルス 優勝
2011
全日本総合選手権大会 女子ダブルス 優勝
中国オープン 女子ダブルス ベスト8
デンマークオープン 女子ダブルス ベスト8
2010
全日本総合選手権大会 女子ダブルス 第3位
中国オープン 女子ダブルス ベスト8
全日本社会人選手権大会 女子ダブルス 優勝
女子ダブルス:世界ランキング4位・日本ランキング1位
混合ダブルス:世界ランキング20位・日本ランキング1位
注記
注1:日本ユニシス実業団バドミントン部
1989年 創部
2000年 シドニーオリンピック、男子シングルス日本代表選手を輩出
2004年 アテネオリンピック、男子シングルス日本代表選手を輩出
2005年 「日本リーグ」初優勝
2006年 国内団体戦の2大タイトル 「全日本実業団選手権大会」・「日本リーグ」を完全制覇
2007年  女子チームを創設
2008年  北京オリンピック、男子ダブルス日本代表を輩出
2009年  「日本リーグ」男子チーム優勝、「日本リーグ 2部」女子チーム優勝
2010年 女子チーム「日本リーグ2009」入替戦に勝利し1部昇格
2010年 「日本リーグ2010」史上初の男女同時優勝を達成
2011年 「日本リーグ2011」女子チーム 2連覇を達成
2012年 「全日本実業団選手権大会」男子チーム6年ぶり2度目の優勝
2012年 ロンドンオリンピック、混合ダブルス日本代表を輩出
2013年 「全日本実業団選手権大会」で男女同時優勝を達成

注2:世界ランキング
国際バドミントン連盟(BWF)が決定する世界ランキング (2013年12月5日時点)
注3:BWFスーパーシリーズファイナルズ
年間12大会のスーパーシリーズ上位8組で争う、オリンピック、世界選手権に次ぐグレードの大会
関連リンク

※掲載のニュースリリース情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。