JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

2014年3月24日

日本ユニシス
ユニシス技報 通巻119号「特集:流通ソリューション」を発行 〜 ノンカスタマイズを前提とした導入型ソリューションで、変化に強いシステムを実現 〜

日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、社長:黒川 茂、以下 日本ユニシス)は、ユニシス技報 通巻119号「特集:流通ソリューション」を発行しました。

ユニシス技報は、お客さまが抱える経営上の課題や技術的な問題を、日本ユニシスグループが情報技術を活用して実際に解決した方法や努力、成果について紹介する論文誌で、1981年に創刊し、1987年以降は年4回発行しています。

今回発行した通巻119号「特集:流通ソリューション」は、流通業向けシステム開発に適用する導入型ソリューション CoreCenter®シリーズの特集です。CoreCenterは、導入時にお客さまが必要な機能を選択し、パラメータを設定するだけのノンカスタマイズを前提とした導入型ソリューションです。個別の作り込みを極力なくすことにより、高品質・低コスト・短納期を実現します。

CoreCenterシリーズのインフラ基盤、実行基盤は、サービス指向アーキテクチャ(SOA)を採用した次世代統一AP基盤CoreCenter BASEで統一しています。シリーズを構成する各業種向けソリューションには、日本ユニシスが過去の導入経験の中で培った豊富な知見やノウハウをモデリングし、必要とする機能を全て、選択可能なコンポーネントで用意しました。本特集号では、CoreCenterの概要と基盤技術、小売り、DM、リース業向けのソリューションと導入事例を紹介しています。

今後も日本ユニシスグループは、ユニシス技報を通じて情報システム構築や運用への取り組みを書きとめ、広くそれらを共有し伝承していくことで、情報技術産業の成熟に「作り手」として寄与していきます。

【ご参考】ユニシス技報 通巻119号「特集:流通ソリューション」の内容は、以下のとおりです。
■巻頭言 特集「流通ソリューション」の発刊に寄せて
■基調論文
・顧客と共に成長する流通次世代ソリューションCoreCenter®
■論文
・CoreCenterの採用技術
・次世代統一AP基盤CoreCenter BASEの役割
・小売業向け次世代流通ソリューションCoreCenter for Retailの紹介
・次世代通販ソリューションCoreCenter for DMの紹介
・リース業向け次世代基幹システムLease Vision®(CoreCenter for Lease)の紹介
・小売業A社へのCoreCenter for RetailおよびCoreMethod適用事例
以上
商標、登録商標
  • CoreCenterとLease Visionは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。
  • その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
関連リンク

※掲載のニュースリリース情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。