JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

2015年9月14日

日本ユニシス実業団バドミントン部
女子シングルス 奥原希望
「YONEX OPEN JAPAN 2015」で初優勝

日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、社長:黒川 茂、以下 日本ユニシス)実業団バドミントン部(注1)の女子シングルス 奥原希望(おくはらのぞみ)が9月13日、東京体育館で行われた「YONEX OPEN JAPAN 2015(以下 ヨネックスオープン)」において初優勝しました。

日本で唯一のスーパーシリーズ(注2)であるヨネックスオープンにおいて、奥原希望は、準決勝で昨年のスーパーシリーズファイナル(注3)を制したタイ・ツーイン(台湾)に2-1(21-12、15-21、26-24)で競り勝ち、決勝進出を果たします。

日本人対決となった決勝戦では、山口茜選手(勝山高校)を2-0(21-18、21-12)で制し、初の栄冠に輝きました。

なお、男子ダブルス 早川賢一・遠藤大由組は、第3位入賞となりました。

奥原希望は、5月に中国で開催された「スディルマンカップ2015(第14回世界国別対抗バドミントン選手権)」で日本チームのメンバーとして出場し、史上初の銀メダル獲得に貢献しています。

今後、奥原希望は、9月15日より開幕する「韓国オープン2015」に参戦し、2度目のスーパーシリーズ制覇を目指すと共に、2016年リオデジャネイロオリンピックの出場権獲得と、本大会でのメダル獲得を目指して戦っていきます。

以上


奥原希望

<奥原希望 コメント>

「たくさんの応援が私のパワーになり、優勝することができました。
多くの応援とサポート、本当にありがとうございました。
今週もまた韓国オープンがありますので、そこでも自分のプレーが出せるように頑張ります。
これからもどうぞ応援よろしくお願いいたします。」


【プロフィール】
奥原 希望 (おくはら のぞみ)
奥原 希望 (おくはら のぞみ)
1995年3月13日(20歳) 156.3cm
長野県大町市出身 埼玉県立大宮東高校卒 2013年入社
女子シングルス:世界ランキング(注4)9位・日本ランキング(注5)3位
2015 USオープン 女子シングルス 優勝
2015 中国インターナショナルチャレンジ 女子シングルス 優勝
2015 マレーシアマスターズ 女子シングルス 優勝
2014 韓国オープン 女子シングルス 優勝
2014 ベトナムオープン 女子シングルス 優勝
2014 ニュージーランドオープン 女子シングルス 優勝
2014 マレーシアオープン 女子シングルス 第3位
2012 全日本総合選手権大会 女子シングルス 第3位
2012 世界ジュニア 女子シングルス 優勝
2012 インターハイ 女子シングルス 優勝
2012 カナダグランプリ 女子シングルス 優勝
2012 アジアジュニア 女子シングルス 準優勝
2012 日本ランキングサーキット大会 女子シングルス 優勝
2011 全日本総合選手権大会 女子シングルス 優勝
2011 世界ジュニア 女子シングルス 第3位
2011 オーストラリア国際チャレンジ 女子シングルス 優勝
2010 アジアユースジャパン 女子シングルス 優勝
注記
注1:日本ユニシス実業団バドミントン部
1989年 創部
2000年 シドニーオリンピック、男子シングルス日本代表選手を輩出
2004年 アテネオリンピック、男子シングルス日本代表選手を輩出
2005年 「日本リーグ」初優勝
2006年 国内団体戦の2大タイトル「全日本実業団選手権大会」・「日本リーグ」を完全制覇
2007年 女子チームを創設
2008年 北京オリンピック、男子ダブルス日本代表を輩出
2009年 「日本リーグ」男子チーム優勝、「日本リーグ 2部」女子チーム優勝
2010年 女子チーム「日本リーグ2009」入替戦に勝利し1部昇格
2010年 「日本リーグ2010」史上初の男女同時優勝を達成
2011年 「日本リーグ2011」女子チーム 2連覇を達成
2012年 「全日本実業団選手権大会」男子チーム6年ぶり2度目の優勝
2012年 ロンドンオリンピック、混合ダブルス日本代表を輩出
2013年 「全日本実業団選手権大会」で男女同時優勝を達成
2013年 「日本リーグ2013」で史上2度目の男女同時優勝を達成
2014年 女子チーム「第64回全日本実業団選手権大会」で2連覇達成
2015年 女子チーム「第65回全日本実業団選手権大会」で3連覇達成
注2:スーパーシリーズ
世界バドミントン連盟(BWF)が2007年より実施しているオリンピック、世界選手権に次ぐグレードの国際大会。年間12大会開催される。
注3:スーパーシリーズファイナル
「スーパーシリーズ」の上位8人、8組が出場できる大会。
注4:世界ランキング
世界バドミントン連盟(BWF)が発表する世界ランキング。(2015年9月10日時点)
注5:日本ランキング
日本バドミントン協会が発表する日本ランキング。(2015年9月6日時点)
関連リンク

※掲載のニュースリリース情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。