JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

2016年6月6日

日本ユニシス実業団バドミントン部
「インドネシアオープン2016」で
女子ダブルス 高橋礼華・松友美佐紀組 優勝!

日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、社長:平岡 昭良、以下 日本ユニシス)実業団バドミントン部(注1)の女子ダブルス高橋礼華・松友美佐紀組が、6月5日、インドネシア・ジャカルタで行われた「インドネシアオープン2016」において優勝しました。

インドネシアオープン優勝は、「マレーシアマスターズ」、「全英オープン」、「インドオープン」、「アジア選手権」に続く今年5度目の優勝で、3度目のスーパーシリーズ(注2) 制覇となり、世界ランキング1位(注3)の実力を証明しました。

女子ダブルス高橋礼華・松友美佐紀組は、準々決勝で過去0勝2敗の中国HUANG・TANG組に勝利し、続く準決勝でもオランダペアにストレートで勝利して決勝に進出。中国YU・TANG組(世界ランキング3位)との決勝戦では、第1ゲームを先取、第2ゲームは奪われたものの、第3ゲームでは一進一退の攻防の末、優勝を決めました。

高橋礼華・松友美佐紀組は、引き続き五輪前最後のスーパーシリーズとなる「オーストラリアオープン2016」(6/7~12)に参戦し、優勝を目指します。

「インドネシアオープン2016」優勝の女子ダブルス高橋礼華・松友美佐紀組

以上

 

【高橋 礼華】
「五輪前最後のスーパーシリーズプレミア(注4)で優勝することができ嬉しく思います。
五輪に向けても良いプレーができ、自信になりました。
本番に向けてさらに頑張りたいと思います。
たくさんのご声援ありがとうございました。」

【松友 美佐紀】
「今回、インドネシアオープンで優勝することができ、とても嬉しく思います。
たくさんのご声援、ありがとうございました。
今週、オーストラリアオープンがありますので、
しっかり準備をして、良いプレーができるよう頑張っていきたいと思います。」

プロフィール
● 高橋 礼華 (たかはしあやか)
高橋礼華

1990年4月19日(26歳)164cm
奈良県橿原市出身 聖ウルスラ学院英智高校卒 2009年入社
女子ダブルス:世界ランキング1位・日本ランキング1位(注5)
2016年 アジア選手権 女子ダブルス 優勝
2016年 インドオープン 女子ダブルス 優勝
2016年 第106回全英オープン 女子ダブルス 優勝
2016年 マレーシアマスターズ 女子ダブルス 優勝
2015年 全日本総合選手権大会 女子ダブルス 優勝(2年ぶり4度目)
2015年 中国オープン 女子ダブルス 準優勝
2015年 インドオープン 女子ダブルス 優勝
2014年 スーパーシリーズファイナル 女子ダブルス 優勝
2014年 第17回アジア競技大会 女子ダブルス 準優勝
2014年 ヨネックスオープンジャパン 女子ダブルス 優勝
2013年 全日本総合選手権大会 女子ダブルス 優勝(3連覇)
● 松友 美佐紀 (まつともみさき)
松友美佐紀

1992年2月8日(24歳)159.5cm
徳島県板野郡出身 聖ウルスラ学院英智高校卒 2010年入社
女子ダブルス:世界ランキング1位・日本ランキング1位
混合ダブルス:世界ランキング52位・日本ランキング2位

2016年 アジア選手権 女子ダブルス 優勝
2016年 インドオープン 女子ダブルス 優勝
2016年 第106回全英オープン 女子ダブルス 優勝
2016年 マレーシアマスターズ 女子ダブルス 優勝
2015年 全日本総合選手権大会 女子ダブルス 優勝(2年ぶり4度目)
2015年 中国オープン 女子ダブルス 準優勝
2015年 インドオープン 女子ダブルス 優勝
2014年 スーパーシリーズファイナル 女子ダブルス 優勝
2014年 全日本総合選手権大会 混合ダブルス 優勝(2連覇)
2014年 第17回アジア競技大会 女子ダブルス 準優勝
2014年 ヨネックスオープンジャパン 女子ダブルス 優勝
2013年 全日本総合選手権大会 女子ダブルス 優勝(3連覇)
2013年 全日本総合選手権大会 混合ダブルス 優勝
注記
注1:日本ユニシス実業団バドミントン部
1989年 創部
2000年 シドニーオリンピック、男子シングルス日本代表選手を輩出
2004年 アテネオリンピック、男子シングルス日本代表選手を輩出
2005年 「日本リーグ」初優勝
2006年 国内団体戦の2大タイトル「全日本実業団選手権大会」・「日本リーグ」を完全制覇
2007年 女子チームを創設
2008年 北京オリンピック、男子ダブルス日本代表を輩出
2009年 「日本リーグ」男子チーム優勝、「日本リーグ 2部」女子チーム優勝
2010年 女子チーム「日本リーグ2009」入替戦に勝利し1部昇格
2010年 「日本リーグ2010」史上初の男女同時優勝を達成
2011年 「日本リーグ2011」女子チーム 2連覇を達成
2012年 「全日本実業団選手権大会」男子チーム6年ぶり2度目の優勝
2012年 ロンドンオリンピック、混合ダブルス日本代表を輩出
2013年 「全日本実業団選手権大会」で男女同時優勝を達成
2013年 「日本リーグ2013」で史上2度目の男女同時優勝を達成
2014年 女子チーム「第64回全日本実業団選手権大会」で2連覇達成
2015年 女子チーム「第65回全日本実業団選手権大会」で3連覇達成
2016年 「バドミントン日本リーグ2015」で3度目の男女とも同時優勝を達成
注2:スーパーシリーズ
世界バドミントン連盟(BWF)が2007年より実施しているオリンピック、世界選手権に次ぐグレードの国際大会。年間12大会開催される。
注3:世界ランキング
世界バドミントン連盟(BWF)が発表する世界ランキング。(2016年5月5日時点)
注4:スーパーシリーズプレミア
世界バドミントン連盟(BWF)が2011年より実施しているスーパーシリーズから格上げされた国際大会。世界ランキング上位40位程度が出場対象。
注5:日本ランキング
日本バドミントン協会が発表する日本ランキング。(2016年5月6日時点)
関連リンク

※掲載のニュースリリース情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。