JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

2017年6月1日

日本ユニシス
3~5年先のお客さまにおけるICT活用の未来像
「Technology ForesightⓇ 2017」を発表

日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、社長:平岡 昭良、以下 日本ユニシス)は、3~5年先のお客さまにおけるICT活用の未来像をまとめた「Technology Foresight 2017」を発表しました。

日本ユニシスは、市場動向やお客さま動向、技術動向からICT活用の未来像を策定することで、お客さまに提供していくべき技術(ICT)の方向性を考えています。「Technology Foresight」は、2009年の発表以降、毎年改訂を行っており、お客さまのICT投資や次期システムのグランドデザイン検討、ICTの将来性の知識習得などに活用されています。

「Technology Foresight 2017」の概要は、以下のとおりです。
  • 人の自然な動作に近づくユーザーインターフェース
    認識技術の飛躍的向上により、ユーザーインターフェースは人の自然な動きに近づいている。常識や感情の認識が進み、人はコンピューターの存在をあまり意識しなくなる。
  • 成熟期に入るクラウド
    セキュリティ面の信頼性が高まり、可用性を確保できるしくみが整い、クラウドは成熟期に入っている。巨大ショッピングモールのようにサービスが充実し、クラウドへのシフトがますます進む。
  • セキュリティリスクの拡大
    高度化/巧妙化した攻撃により、セキュリティリスクは今以上に拡大している。経営層によるビジネス主導のセキュリティ対策を進める企業と、簡易な防御に留まっている企業の二極化が進んでいる。
  • AIへの期待は確信に
    世界中でAIの取り組みが数多く行われることで、できることできないことが理解され、AIに対する期待は確信になっている。多くの企業でAIを活用しようとしているが差が出ている。
  • IT駆動型ビジネス拡大の影響
    IT駆動型ビジネスが拡大し、多くの企業で主力事業へと変化を遂げている。企業は、IT駆動型ビジネスへの対応を行うため、組織のあり方や人材の採用と育成について模索している。
今後も日本ユニシスは、Technology Foresight を通じて、お客さまに提供していくべき技術(ICT)の方向性を見定め、技術力を強化していきます。
■ 講演・展示のご案内
日本ユニシスグループ総合フォーラム「Nihon Unisys Group Business & ICT Strategy Forum 2017 (BITS® 2017)」の講演および展示コーナーで、Technology Foresight 2017を紹介します。
  1. 開催日時:2017年6月8日(木)~9日(金)
  2. 会場:ANAインターコンチネンタルホテル東京
  3. お申し込み/最新情報:http://bits.unisys.co.jp/2017/
  4. 展示:ICT活用の未来像 Technology Foresight <展示No.2>
以上
商標、登録商標
  • Technology Foresight、BITS は、日本ユニシス株式会社の登録商標です。
  • その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
関連リンク

※掲載のニュースリリース情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。