JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

1998年6月1日

ユニシス研究会
大阪市内ホテルにて春季全国大会を開催

 日本ユニシス株式会社(社長=天野順一 東京都江東区豊洲1-1-1)のコンピュータユーザー団体であるユニシス研究会 (会長=山下和男氏 株式会社近畿日本ツーリスト情報システム代表取締役社長 東京都渋谷区東3-9-19)は、 6月4日(木)5日(金)の両日、都ホテル大阪(大阪市天王寺区上本町6-1-55)にて、平成10年度春季全国大会を開催します。

 ユニシス研究会はユニシス製コンピュータを利用しているユーザーの団体であり、現在会員数は約1300社です。 同研究会はユニシスのコンピュータに関する利用水準の向上を図るため、会員相互の意見・情報交換、 並びに研究発表などを行うことを目的に、「オープンシステム」、「CAD/CAM」、「流通」など研究ジャンル別に10の分科会、 また地区別に9つ(北海道、東北、新潟、関東、静岡、中部、関西、中国、九州)の支部に分かれて活動しています。

 毎年春と秋に行われる全国大会は、同研究会の全国共通行事のひとつです。 今回は、日本文化発祥の地 京都を近隣に擁する大阪らしく、基調講演には『冷泉家の歴史と文化』と題して、 冷泉家25代当主であり大手前女子大学教授でもある冷泉為人氏からのお話を予定しています。

 さらに、 (1)関西大学総合情報学部教授の野口宏氏による『グローバル情報ネットワークと産業社会』、 (2)河野食品研究所長で大阪薫英女子短期大学教授の河野友美氏による『ビジネスマンの健康を支える食生活』、 (3)京都大学アメリカンフットボール部監督の水野彌一氏による『一つのことに一流になれ』と題しての特別講演をはじめ、 会員の優秀論文発表、分科会発表、会員事例発表など24のセッションが実施されます。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

※掲載のニュースリリース情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

本件に関するお問い合わせ

[Back]