JP/EN

 

Foresight in sight

ニュースリリース

1998年11月12日

日本ユニシス
メセナ活動の一環として
「川畠成道バイオリン リサイタル」を特別協賛

川畠成道氏
 

 日本ユニシス株式会社(社長=天野順一 東京都江東区豊洲1-1-1)は、企業の社会貢献活動の一環として、来る11月27日に東京・紀尾井ホールで開かれる「川畠成道リサイタル〜目を閉じれば、心が見える(主催:ヴォイスファクトリー、後援:英国大使館)」を特別協賛します。
 

8歳で視覚障害となった川畠氏は、10歳よりほとんど耳からの情報のみでバイオリンの勉強を重ね、97年英国王立音楽院大学院を主席で卒業。在学中から数多くの音楽賞を受賞し、現在は英国を拠点に活躍しています。ハンディを全く感じさせない伸びやかで繊細な演奏により、今最も注目を浴びている若手バイオリニストの一人です。
 

川畠氏は、本年3月に同じく日本ユニシスが特別協賛したサントリーホールでの小林研一郎指揮、日本フィルハーモニーと「メンデルスゾーン・コンチェルト」で日本デビューを飾りましたが、今回のリサイタルが日本での本格的なソロデビューとなります。
 

また日本ユニシスは、英国祭UK98参加プログラムでもある同リサイタルに、視覚障害者50名とその介助として募集した中高生50名も招待します。
 

日本ユニシスは、今後も若手音楽家の育成を中心とした文化振興や障害者への文化支援など社会貢献活動を続けていきます。

◆川畠成道リサイタル◆

日時:11月27日(金)19:00
会場:紀尾井ホール
リサイタルについてのお問い合わせ先:ヴォイスファクトリー 03(5300)0081

◆川畠成道(かわばたなりみち)氏略歴◆

1971年11月21日生まれ
8歳で視覚障害となり10歳からバイオリンを始める
12歳で日本音楽コンクール入賞
桐朋学園大学を経て、94年英国王立音楽院大学院へ留学97年同音楽院を首席卒業
在学中から数々の音楽賞を受賞し、現在英国を本拠に活躍をしている。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

※掲載のニュースリリース情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

本件に関するお問い合わせ

[Back]