ソリューション&コンサルティングの日本ユニシス

2010年4月22日

日本ユニシス、ジョルダン
クラウド/SaaS分野で協業開始

〜 クラウドによるコンテンツサービスの提供とユーザービリティの向上 〜


本文

   日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、社長:籾井 勝人、以下 日本ユニシス)とジョルダン株式会社(本社:東京都新宿区、社長:佐藤 俊和、以下 ジョルダン)は、企業が利用する乗換案内や運行情報、地図、ホテル情報などのコンテンツを活用した、利用者が使いやすいシステム(ユーザービリティの向上)の構築を可能にするサービスの提供で協業を開始し、日本ユニシスが保有するICTホスティング環境(注1)と連携したサービスを提供します。

   日本ユニシスは、2008年10月にiDC(Internet Data Center)(注2)を開設し、ICTホスティングサービスや各種ソリューションを順次SaaS(注3)化して提供しており、お客さまの要望に合わせてリソースや機能を柔軟に組み合わせた環境をスピーディーに提供しています。また、運用サービスやサポートサービスを充実させることにより、24時間365日にわたる高品質なサービスを提供しています。

   ジョルダンが提供する「ジョルダンクラウド・コンテンツサービス(注4)」は、高い実績のある「乗換案内」をはじめとしたコンテンツ群、データクレンジング機能(注5)や情報収集・配信機能、予約・契約機能連携などを統合的に取り揃えたサービスです。お客さまの経験価値、時間軸の概念をサービスに取り入れたことで、利用者がITを活用する際に、使いやすい操作性を実現しています。
   お客さまは、これらを利用することで、WebマーケティングやCRM(顧客関係管理)、SFA(営業支援)、ダイレクトマーケティングなどでの効果的な活用が可能となります。

   今後、日本ユニシスは、「ジョルダンクラウド・コンテンツサービス」と連携したインフラ提供だけでなく、「ビジネスパーク®」(注6)を通じて、本サービスのブランディング、マーケティング強化とインターネットサービス関連ビジネスの機会を創出していく予定です。

   両社協業によるサービス提供の特徴は以下のとおりです。

  1. コンテンツの多様な活用 
    各種機能・コンテンツをWebサービス化しているため、組み合わせが自由自在です。お客さまは、必要な機能・コンテンツを、必要な形でユーザーに対して提供が可能となります。

  2. 利用手続きの簡便化 
    各種コンテンツの利用にあたり、コンテンツごとの煩雑な手続きや調整をすることなく、ワンストップサービスにて利用できます。

  3. ITリソースのサービス利用  
    日本ユニシスの提供するICTホスティングサービス環境を利用することで、24時間365日の保守とともに稼働させ利用型のサービスとして提供します。お客さまは、本サービスを短期間で利用開始でき、サーバー構築や日々のデータ維持メンテナンス作業から解放されます。

両社は、共同で本サービスを3年間で100社(サイト)へのサービス提供を目指します。

以上

■日本ユニシスとジョルダンの協業概念図


注1:ICTホスティング環境
日本ユニシスのiDC基盤上で提供する堅牢なネットワーク・柔軟なサーバリソース・安全な運用を必要な時に必要な分だけ提供します。

注2:iDC(Internet Data Center)
サーバーを顧客に貸し出すホスティングサービスや、ASP・SaaS事業を行うための施設、設備のことです。

注3:SaaS(Software as a Service)
必要な機能を、必要な時に、必要な分だけ、インターネットを介して利用できるソフトウェアのことです。

注4:ジョルダンクラウド・コンテンツサービス
ジョルダンクラウドによるコンテンツサービスは、高度にスケーラブルで抽象化された巨大な情報 をインターネットを通じて、乗換案内エンジンを核としたコンテンツをサービスとして利用(提供)できます。

注5:データクレンジング機能
顧客DB等、蓄積された情報を整理する技術・サービスのことです。名寄せや分類コードの修正などを定義されたルールに従い実行する際に用いられる技術、サービスのことです。

注6:ビジネスパーク
ビジネスパークは、SaaSの利用者や提供者、さまざまなステークホルダをつなぐビジネス機会創出のためのポータルサイトです。
SaaSのユーザーや提供者はもちろんのこと、サービスを組み合せて提供する連携ソリューションプロバイダ、コンテンツプロバイダ、SI事業者、販売代理店、さらには広告主まで、さまざまなステークホルダが一堂に会し、ビジネスを活性化させる「場」になることを目指しています。

注釈/リンク

[ Back ]