ソリューション&コンサルティングの日本ユニシス

2010年8月4日

ユニアデックス
前橋市教育情報ネットワークおよび市立学校73校に
SaaS型情報共有基盤サービス「NeXtCommons®」を提供開始

〜 学校ホームページ作成を簡単にするテンプレートにより、ホームページデザイン統一、
教職員の管理負荷を軽減し、保護者とのコミュニケーションを促進 〜


本文

   ユニアデックス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:入部 泰、以下 ユニアデックス)は、群馬県前橋市教育委員会が運営する前橋市教育情報ネットワーク(Maebashi Educational NETwork 以下、「MENET(メネット)」)に接続する市立学校73校(小学校49校、中学校22校、特別支援学校1校、高等学校1校)に、SaaS(注1)情報共有基盤サービス「NeXtCommons(ネクストコモンズ)」(注2)の提供を開始しました。

   「NeXtCommons」は、学校のホームページ作成が簡単に行え、生徒・教師間の情報提供や共有、また保護者への情報公開などを容易にする基盤を、SaaS型で提供するサービスです。高いセキュリティーを備えた日本ユニシス株式会社が提供するICTサービス基盤を利用して運営しています。

   MENETは、学校ホームページに必要な機能とデザインを標準搭載し、あらかじめ用意された空欄に情報を入れるだけで簡単にホームページを作成できるNeXtCommonsの「学校パック(教育委員会・学校向け無料テンプレート)」を活用して、教職員の学校ホームページ作成のための作業負荷軽減を図り、市立学校73校のホームページデザインの統一化を促進します。また生徒ならびに保護者との相互のコミュニケーションを一層促進するための情報発信/共有基盤を整備します。

   生徒の安全管理を強化する諸情報のタイムリーな発信や学校行事の効率的な掲示など、教育関連機関におけるホームページ活用が重要視されている昨今、MENETにおいても「魅力あるホームページ構築」や、「教職員に負荷のかからない方法での更新頻度と管理の向上」などが課題となっていました。

   これらの課題を解決するため、これまでMENETでは独自に所有するデータセンターとホームページ作成ツールを、各学校が使用する方法で情報発信基盤を整備してきましたが、今回は「NeXtCommons」がより効率的と判断され、導入が決定しました。

   ユニアデックスは、今回の受注を機に、全国の教育機関に対するNeXtCommonsの啓蒙と販売を一層促進していきます。

   NeXtCommonsの特徴は、次のとおりです。

  1. 「学校パック(テンプレート)」の利用により美しいホームページを短期間に構築可能 
  2. SaaS型サービスのため「所有」せず、迅速なコンテンツ作成/情報発信作業が可能 

以上

■テンプレート

学校パック 学校用テンプレート 学校パック 教育委員会用テンプレート
学校パック 学校用テンプレート 学校パック 教育委員会用テンプレート
注1:SaaS(Software as a Service) 
必要な機能を、必要な時に、必要な分だけ、インターネットを介して利用できるソフトウエアのことです。

注2:NeXtCommons(ネクストコモンズ) 
学校のホームページ作成が簡単に行え、生徒・教師間の情報提供や共有、また保護者への情報公開などを容易にする基盤を、SaaS形式で提供するサービスです(月額1万5000円から)。大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所がオープンソースソフトウエアとして開発し、学校を含む1500以上の教育関連団体に普及している「NetCommons®(ネットコモンズ)2.0」に、ユニアデックスが独自の機能を加え、2009年4月から日本ユニシスのICTサービスメニューとして提供しています。 


注釈/リンク

[ Back ]