ソリューション&コンサルティングの日本ユニシス

2011年3月29日

日本ユニシス
東名高速道路の全てのサービスエリアの「電気自動車用急速充電システム」に
充電インフラシステムサービスを提供


日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:籾井 勝人、以下 日本ユニシス)は、中日本高速道路株式会社(本社:名古屋市中区、代表取締役会長CEO兼社長:金子 剛一 氏、以下 NEXCO中日本)と高速道路関連社会貢献協議会(注1)が、共同で東名高速道路の全てのサービスエリア(以下SA)で3月29日から運用を開始する「電気自動車用急速充電システム」へ充電インフラシステムサービス「smart oasis®(スマートオアシス)(注2)」を提供します。

日本ユニシスでは、電気自動車(EV)・プラグイン ハイブリッド車(PHV)向け充電インフラシステムサービス「smart oasis」を開発し、青森県や大阪府などでの社会実験やEVタクシー、EVレンタカー・カーシェアリング事業への提供を行い、国内各地でサービス展開しています。

2010年4月に、東名高速道路の海老名SA(上下線)と上郷SA(上下線)で運用開始された「電気自動車用急速充電システム」では、国内初の事例となる課金・決済を含む運用サービスを提供しています。

このたび拡充される「電気自動車用急速充電システム」は、NEXCO中日本が、高速道路関連社会貢献協議会の支援を得て、高速道路における電気自動車の利用環境の整備を目的に、日本ユニシスと共同で提供するものです。

今回、東名高速道路の足柄SA(上下線)、富士川SA(上下線)、牧之原SA(上下線)、浜名湖SA(上下線)、名神高速道路の多賀SA(下り線)、東名阪自動車道の御在所SA(上下線)の計11箇所(各SAに1台)に「電気自動車用急速充電システム」が増設されることで、東名高速道路では50〜70kmの間隔で急速充電施設が提供され、東京から名古屋までEVで連続走行することが可能になります。

*「電気自動車急速充電システム」を利用するには、「利用者カード」の事前申し込み、または、「おサイフケータイ」、「FeliCaカード」の事前登録が必要です。

日本ユニシスは、「smart oasis」によって、充電システムの利用者認証や充電サービス管理、充電サービス利用料の課金・決済サービス、ユーザーサポートサービスなどを提供し、高速道路網から周辺地域への拡大を図るとともにEV・PHVの利用ニーズの高い地域への展開を積極的に進め、全国の充電インフラへの展開を目指します。

以上


■中日本高速道路管内の「電気自動車用急速充電システム」設置場所

  東名高速道路の全てのサービスエリア、名神高速道路、東名阪自動車道を含め全15箇所で運用を開始

電気自動車用急速充電システム設置場所

※画像をクリックすると拡大表示(pdf資料、328.29KB)されます新規ウィンドウ

注記

注1:高速道路関連社会貢献協議会
高速道路関連社会貢献協議会は、高速道路をご利用になるお客さまへの安全性、信頼性の向上や、よりよいサービスの提供などの社会貢献事業を実施する機関で、高速道路の維持修繕業務を実施してきた73社が中心となり、2005年8月25日に設立されたものです。
注2:smart oasis(スマートオアシス)
日本ユニシスの「smart oasis」は、EVやPHVの充電インフラを利用するための利用者認証機能や課金機能および充電装置の位置情報・空き情報を提供するシステムサービスです。
「smart oasis」は、「給電スタンド」「通信ネットワーク」「サービス管理システム」から構成されています。
商標、登録商標
  • smart oasisは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。
  • おサイフケータイは、株式会社NTTドコモの登録商標です。
  • FeliCaは、ソニー株式会社の登録商標です。
  • その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
関連資料
関連リンク

電気自動車用急速充電サービス 登録・問合せ窓口


※掲載のニュースリリース情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

[ Back ]